【内定者インタビューVol.4】広告グラフィックデザイナー志望

内定者インタビューVol4Aさん
内定者:某国公立大学 芸術系学部 Aさん
就職活動の進め方について

────就職活動とポートフォリオ制作はいつ頃から始めましたか?

3年生の10月まではポートフォリオを意識せずに作品を作っていましたが、10月から就職活動用にポートフォリオをまとめ始めたので、そのあたりから徐々に就職活動にシフトしていきました。初めてポートフォリオを企業に提出したのは、12月~1月だったと思います。
グラフィックデザイナーになりたいというのはある程度固まっていたのですが、自分の実力で挑戦できるかも分からなかったので、最初はWebサービスの会社、広告代理店、事業会社など、グラフィックデザイナーを募集している企業を幅広く見ていました。
全部で10社ほどエントリーしましたが、広告が半分、それ以外が半分くらいのイメージです。


────グラフィックデザインに興味を持ったきっかけは?

高校の受験期に自分の進路を考えた際に、何か違うことがしたい、新しい環境でチャレンジしたい、という想いがあって、そこから情報収集をして現在の大学のプロダクトデザインを専攻する学科に入学をしました。
デザイン全般を学んでいった中で、自身が興味を向いている方向だったり、色々なデザインをしていったりする中で一番楽しいと感じたのがグラフィックデザインだったためです。


────その中で広告に絞った理由は何だったのでしょうか?

色々企業を見ていく中で、やはり自分は広告を見たり考えたりするのが好きだということに気が付きました。
広告ですと、グラフィックだけに囚われずに、動画、Web、インスタレーションなど表現の幅が広いので、色々なジャンルに携わりながらグラフィックデザイナーとして成長していけそうだと感じ、広告業界に絞りました。
内定者インタビューVol4Aさんインタビュー風景
会員向けの記事です。続きはログインしてご覧ください。




▼クリ博ナビで参加受付中の合同説明会▼

合同説明会に参加して、自分にピッタリの業界、企業を研究しよう!
→クリ博ナビのオンライン合同説明会・イベント一覧はこちら