転職に最適な時期は?転職を考えるタイミングとおすすめの時期

転職に最適な時期は?転職を考えるタイミングとおすすめの時期

いざ転職!と思っても、どのタイミングが最適?求人数の多いタイミング?今回は、転職の時期を見極め、転職に成功する方法をご紹介します。

転職を考えるタイミングの見極めるポイント3つ

・今の職場に勤めて何年か
・転職をするにあたり明確な理由はあるか
・年齢・年代によって転職に最適な時期が異なる

転職を考えるタイミングを見極める場合に重要となるのは、勤続年数、転職理由、年齢の3つです。それぞれ詳しくご紹介います。

■今の職場に勤めて何年か


厚生労働省発表の「平成27年転職差実態調査(転職者の採用状況)」によると、転職者の採用理由は主に「専門知識・能力があるから」、「経験を活かし即戦力になるから」が上位を占める結果でした。つまり、転職において採用理由の決め手となる要素を獲得するため、「今の職場である程度の年数を経験してスキルを身に付けてから」のほうが、転職には有利となります。特に管理的な仕事や、専門的・技術的な仕事ではその割合が高くなっています。
また、短期間での転職は再離職の懸念から敬遠される傾向がありますので、ある程度勤続年数を重ねてからのほうが転職に適したタイミングといえるでしょう。転職は計画を立ててじっくりと進めていきましょう。


参考:厚生労働省「平成27年転職差実態調査(転職者の採用状況)」

■転職をするにあたり明確な理由はあるか


転職にあたっては、その理由を明確にしておくことが必要です。転職によってのスキルアップ、キャリアアップが可能であるかが明らかな場合は、転職を考えるタイミングといえます。逆に、単に現状に不満足だからという段階では、志望理由も曖昧になりがちです。選考の際にも説得力に乏しいため、採用には至らない可能性が高くなります。また、転職できたとしてもミスマッチにより再転職を考えることにもなりかねません。

■年齢・年代によって転職に最適な時期が異なる


転職のベストタイミングは年齢によっても異なります。20代は、新卒に準じたニーズのある第2新卒のタイミング以降は、ある程度キャリアを積んでからの転職が有利ですし、30代は即戦力を生かした転職が有利。一方40代では、企業の求める人材とのマッチングが重要となります。求人の有無はもちろんですが、自身のキャリアにおいて最適な時期かどうかも見極めておく必要があります。

転職を成功させるためにやっておきたい4 つの準備

・在職中に資格を取得する
・転職する理由を明確にする
・転職したい業界、企業の研究
・円満退職となるよう、仕事の引き継ぎなど退職の準備

転職を成功させるには、事前準備も大切です。まずは転職の目的を明確にし、選考を有利にするスキルアップはもちろん、適した企業選択に欠かせない業界・企業研究もしっかりと行っておく必要があります。また、転職先の内定後には、円満退職のための引き継ぎや退職手続きの準備も始めなければなりません。具体的にやっておきたい準備についてみていきましょう。

■在職中に資格を取得する


転職に役立ちそうな資格は、在職中に取っておきましょう。現在の仕事に関するものならスキルの証明になりますし、足りないスキルを磨くのにも効果的です。また、異職種に転職したいなら、一定のスキルを証明することで、未経験であるというウイークポイントをカバーできます。資格取得には時間がかかりますので、履歴書に記入できるよう、早めの挑戦がおすすめです。資格取得に取り組むことによって、自分の適性についても再確認できます。

■転職する理由を明確にする


転職する理由と目的についても明確にしておく必要があります。特に転職の理由には、「この仕事がしたい」「給与を上げたい」などさまざまなものがあるでしょう。なぜその希望が現在の企業では実現できないのか、転職で実現させるには何が必要なのかを整理したうえで、希望の優先順位を付けましょう。転職先の候補を絞り込むのに役立ちますし、転職先でのミスマッチを回避できます。また、転職理由や退職理由は選考の際にも必ず聞かれるポイントですので、これらを明確にしておくことは選考対策としても欠かせないステップです。漠然と職場を変えたいという思いだけで転職活動を始めるとよい結果を招きませんので注意しましょう。

■転職したい業界、企業の研究


転職の成功は自分に合った企業選びであるといっても過言ではありません。業界研究や企業研究はしっかりと行っておきましょう。新卒での就職活動時を思い出してみてください。希望条件を満たす企業であるかどうかを知ると同時に、企業が求めている人材像を知り、自分がアピールできるポイントを探りましょう。自分の将来像が明確に描ける企業であるか、しっかりと確認する必要もあります。企業のホームページや新卒採用ページ、プレスリリースは最低限目を通しましょう。企業の方向性が判断できます。

■円満退職となるよう、仕事の引き継ぎなど退職の準備


転職時にはスムーズに退職できるよう、現在の会社での準備も行っておく必要があります。転職先から内定が出たら、退職したい日から逆算して、余裕を持って退職の意思表示や後任への引き継ぎなどを行いましょう。ギリギリになると、希望日に退職できずに転職先への入社手続きにも支障をきたします。現職場とトラブルになる場合もありますので、円満退職となるよう、責任を持って取り組むことが必要です。できれば、現職の退職は日程調整の難しい繁忙期はできるだけ避けられるよう、転職スケジュールを立てましょう。

転職に最適なシーズンは求人数の増加する春と秋

転職に最適なシーズンは、3~4月と9~10月です。3~4月は年度、9~10月は下半期へ切り替わるタイミング。社内体制の整備や人事異動、新規事業の開始などが行われることが多いため、それにともなって求人数が増えます。また、近年では、売り手市場のため、新卒で十分な人員が充足できないということも増えています。そのため、不足する人員分の募集を3~4月に行うことも多いので注目です。

この転職シーズンには同じく転職希望者も増えますが、その分求人数が多い、企業の採用意欲が高いといった転職しやすい環境も整っているため、メリットのほうが多いでしょう。スムーズな転職を考えているなら、応募や選考、現職の引き継ぎなどを考慮して、数か月前から転職活動を行うことがおすすめです。

【20代編】年齢別・転職に適した時期について

■20代の転職に適した時期はいつ?


まだキャリアの少ない20代は、仕事の経験や実績よりも今後の将来性が期待されますので、転職にも比較的向いているタイミングです。特に将来性が重視されるのは、新卒3年以内に転職する第2新卒。社会人としての基礎ができているため育成がしやすいことで採用側から注目されており、転職に有利なタイミングです。

■早期離職を懸念されないよう勤務実績がある程度整ってから


ただし、早期離職の懸念も残りますので、勤務実績がある程度整ってから転職活動を始めるほうが有利となります。仕事のスキルよりも、社会人としての資質が整っていることが重要視されますので、異業種異職種への転職も比較的進めやすいタイミングです。20代も後半になってくると、即戦力としての評価も高まってきますので、スキルや経験を活かした転職活動がおすすめです。

■フリーターの場合は早期に転職活動を


しかし、同じ20代であっても、フリーターの場合には、スキルを有していても社会人経験と同様の評価を受けることは難しいことが多いです。そのため、正社員雇用を目指しているのであれば、フリーターとしての勤続年数を考えず、できるだけ早く転職活動を行うのがおすすめです。

【30代編】年齢別・転職に適した時期について

■30代の転職に適した時期はいつ?


30代になると、20代の将来性を期待した採用と異なり、即戦力としてこれまで培ってきた経験やスキルが重要視されるようになります。そのため、チャンスがあればいつでも転職できるよう、自己のスキルを磨きながら、常に適した求人がないかどうかチェックするなどの準備を行っておくのがおすすめです。

【40代編】年齢別・転職に適した時期について

■40代の転職に適した時期はいつ?


40代以上のいわゆるミドル層は転職が難しいと思われがちですが、具体的な実績や能力がある場合にはチャンスがあります。特に、マネジメント能力を持つ人材は高いニーズがあります。ただし、すでに一定のキャリアがあることから、仕事において柔軟性に欠ける面も否めません。そのため、会社になじむことができるという点もアピールする必要が出てくるでしょう。これまでの経験からスキルの棚卸しを行っておくことも重要です。

■40代の転職活動は長引きやすいので注意


また転職活動が長引きやすい40代の場合には雇用保険が金銭的な支えとなることもあります。自己都合退職の場合、加入期間が1年以上10年未満の場合は、給付日数は90日ですが、10年以上20年未満では120日、20年以上になると150日です。転職のタイミングをはかる際には、雇用保険加入年数についても確認しておきたいものです。

転職はシーズンに合わせてじっくりと計画的に!

転職に成功するには、企業の求人状況をみながら自分に適したタイミングで行うことが大切です。転職によってどのようなことを実現させたいのかを明確に定め、じっくりと計画的に準備を進めていきましょう。転職で新たな企業へ入社することだけを目標とするとミスマッチが起こりやすくなりますので注意しましょう。

転職を考える際には現在のスキルを活かすのが有利ですが、さらにクリエイティブ系の専門職種のように、「手に職」といわれる仕事であれば、ライフプランに合わせて柔軟な転職が可能となる場合もあります。たとえば女性の場合、育児休暇から復帰し、これまで培ってきた専門職のスキルを活かして転職活動を行うこともでき、その経験やスキルが重要視されての転職、という可能性もあります。現在は全く関係のない職種の人でも、将来を考えてクリエイティブ系の専門職も視野に入れて転職活動を行ってみてはいかがでしょうか?