女性の転職成功のコツ!転職時期や求人票の確認すべきポイント

女性の転職では、出産など女性のライフイベントに不安を感じるもの。本記事では転職成功の5つのコツや求人の情報についてご紹介します。

女性が転職を成功させるコツは主に以下の4つ。

1. ライフイベント後も働く意思があることを伝える
2. キャリアと資格で信頼を上げる
3. 結婚前、結婚後で転職のプランを考える
4. 女性の転職で調べておくべき企業の情報を知る

また、採用後も気持ちよく働くために、女性に対するサポートが充実している企業を見つける力も必要です。それぞれ詳しくご紹介致します。

転職のコツ1:ライフイベント後も働く意思があることを伝える


女性が転職活動を行う際、もしあなたが結婚や出産を考えているなら、ライフイベント後も働く意思があることをしっかりと採用担当者に示す必要があります。もしかすると採用担当者は、あなたが結婚や出産といったライフイベントをきっかけに退職してしまわないか、という点を不安に感じるかもしれません。
意思だけではなく、育児に対する身内のサポートなど、これから先、自分が会社勤務を続けられる理由も説明できると企業はより安心します。

転職のコツ2:キャリアと資格で信頼を上げる


しっかりとしたキャリアと資格を持っておくことで、能力はもちろん、女性特有のライフイベント後も仕事に対するモチベーションの意思表示として評価されやすくなります。



■キャリアを積む

第二新卒以外で転職を行う場合は、ある程度の経験を積んでから転職を目指すのもひとうの選択肢です。あまりにも短期間で転職を行うと、自分のキャリアとして自信を持てるものが身につかず、面接先の人事から早期離職を懸念され、採用では不利となる場合があります。



■資格を取得する

転職を行う前には、現在の業務と関連のある資格や、自分のキャリアプランに役立つ資格を取得しておきましょう。資格の取得は一定のスキルの証明となりますので、転職が有利に働くこともあります。資格取得は時間が必要なので、転職を検討しているなら早目に着手しておくのがおすすめです。

転職のコツ3:結婚前、結婚後で転職のプランを考える


結婚はライフスタイルが変化するタイミングです。結婚前と結婚後、それぞれのタイミングで転職した場合の特徴を解説します。



■結婚前の場合

結婚前に転職を行う場合は、ライフイベントが起こる前に、転職先で人間関係を作ることができます。それにより、いざ休みが必要になったときに、気持ちの面で、申請を言い出しやすいです。また、結婚、育児中などプライベートが慌ただしくなる前に、新しい職場環境に慣れることができます。



■結婚後の場合

結婚後に転職を行う場合は、実際の結婚後のパートナーとの仕事観、生活スタイルの擦り合わせをしたあとに、転職先を考えることができます。そのため、転職先を決める際、その後のライフプランを正確に決めた上で、現実的な判断を下しやすくなります。

転職のコツ4:女性の転職で調べておくべき企業の情報を知る


女性が転職先を探す際には、求人を出している企業がどれだけ女性の社員を求めているか、女性にとってどれだけ働きやすい会社か調べることが大事です。企業を調べるときには、次の3つの情報を調べておきましょう。



■導入している制度

女性が働きやすい企業を探す際には、企業がどんな制度を取り入れているか確認してみましょう。女性にとってあると嬉しい制度は「育児短時間勤務制度」「在宅勤務制度」「フレックス制度」などがあります。また有給の取得率も気になる点です。育児中のトラブルなどの際にサポートが得られる、休みや時間の融通が利く企業だと、もしものときも安心して働くことができます。



■女性比率の高さ

働いている人の男女比で女性比率が高い企業は、女性が働きやすい制度を導入していることが多いです。女性社員が多いということは、社内に同じ女性としての視点を持った人が多いということでもあり、女性特有の悩みにも理解を得られやすくなります。また管理職に女性がいるかどうかもポイントになります。
会社の仕組みや方針を決める管理職に女性がいることで、女性が働きやすい制度の導入を積極的に取り入れているケースもあります。



■「女性活躍中!」の記載

求人情報は原則、性別を指定した募集ができないため、女性の採用意欲が高い企業が「女性活躍中!」と記載しています。また、このような企業は女性の社員数が多く、女性が働きやすい環境や人事制度が整っていることも多いです。

転職したい女性に朗報!「女性活躍推進法」「ウーマノミクス」って知っていますか?

近年、日本には女性の社会進出を後押しする制度や考え方が増えています。今回はその例として「女性活躍推進法」と「ウーマノミクス」を紹介します。

女性活躍推進法とは


女性活躍推進法とは、企業ごとに女性の活躍に関する状況や課題を分析し、課題を解決するための目標や取り組み、その成果について公開していかなければならないことを定める法律です。301人以上の大企業では実施義務、300人以下の中小企業では努力義務とされています。
女性活躍推進法に基づき、成果が優れている企業は優良企業認定を取得して、その企業姿勢をアピールすることが可能です。また、条件を満たせば公共調達において有利に扱われたり、助成金が支給されたりというメリットもあります。そのため、現在、企業は女性の採用を積極的に行っており、女性の転職希望者にとっては有利な状況です。特に女性人材の薄い管理職採用においてはその傾向が顕著に見られます。

ウーマノミクスとは


ウーマノミクスとは、ゴールドマン・サックス証券のキャシー松井氏によって提唱されたものです。女性の社会進出が増えることで組織や経済が活発化する、日本経済における女性の影響や牽引力などの概念として用いられています。
例えば、女性の就業率が低い要因の一つに、出産や子育てによる離職があります。もし、それらを解消して、就業を希望している女性が全員社会で活躍できるようになれば、大きな経済成長につながるでしょう。今、このようなウーマノミクスの考え方によって、女性がライフステージに合わせた働き方ができる環境の整備が後押しされています。

クリエイティブ職への転職は女性にとってのメリットがたくさん!

女性の転職におすすめの職種のひとつとして、クリエイティブ系の職種があります。クリエイティブ系の職種では、「手に職を付ける」ということが叶うものが多くあるので、将来結婚や出産などでブランクが生じても、才能を活かして復職する機会が比較的多くあります。現在までほかの職種で活躍してきたという人でも、もし興味があるなら将来的なメリットを考え、クリエイティブ職を検討してみるのも一つかもしれません。

女性を求める企業が増加中!転職理由を明確にして転職時期を見極めよう!

女性が転職を成功させるには、採用担当者が女性採用に対して不安を持たないようアピールする必要があります。その上であなた自身も快適に働ける企業を選ぶ必要があります。
現在日本では、女性活躍推進法の存在やウーマノミクスの考え方など、女性の転職が有利になる動きが見られます。もし転職を考えているのであれば、自分の将来設計やそれに紐づくキャリアプランを明確にし、自分に合った転職スケジュールを考え、求人をチェックしましょう。

同じカテゴリーの記事