ゲーム業界の転職求人を厳選。プロデューサー、ディレクター、プランナー、プログラマ、デザイナー、UI/UXデザイナー、サウンド、アナリスト、エンジニア、品質管理、法務、人事、宣伝等幅広い職種があります。

ゲーム業界【転職求人特集】

ゲーム業界の転職求人を厳選。プロデューサー、ディレクター、プランナー、プログラマ、デザイナー、UI/UXデザイナー、サウンド、アナリスト、エンジニア、品質管理、法務、人事、宣伝等幅広い職種があります。

1.ゲーム業界の転職求人を「企業検索」から探す

「企業」からの仕事探しのコツ

企業の立ち位置を理解し、自分の強みが発揮できる企業を選ぶ

一口にゲーム会社といっても、様々な企業があります。ゲーム専用機のハードを作っている会社やその企業グループ、家庭用、業務用、スマートフォン幅広い事業を展開している大手ゲーム会社やその企業グループ、IT・インターネット事業の一環としてゲーム事業を展開している企業、ゲーム開発専業のスタジオなど様々なタイプの企業があります。掲載されている作品や事業内容などを参考に自分の強みが発揮できる企業を選びましょう。


<ゲーム業界の企業情報>

>>> ゲーム業界の「企業情報」から転職求人を探す

2.ゲーム業界の転職求人を「職種」から探す

「職種」からの仕事探しのコツ

同じ職種名でも企業によって驚くほど仕事の内容が違う

ゲーム会社では様々な職種があります。ディレクター、プログラマ、デザイナーなどの開発部門のほかにも、インフラやネットワーク等を構築するエンジニア部門、営業・マーケティングや宣伝部門、人事や法務や経理などの管理部門、海外部門、品質管理部門等があります。世界で拡大が続く、ゲーム産業では様々な優秀な人材に門戸を開けています。ただ、仕事の専門化と多様化が進んでいるため、同じ名称の職種でもそれぞれの企業により、求められるスキルやポジション、思考の方向性が異なります。各求人の募集内容、各社の作品や事業内容を把握して、自分の能力が発揮できる求人を選びましょう。


<ゲーム会社の転職求人>

>>> ゲーム会社の「転職求人全ての職種」から探す

3.ゲーム業界の転職求人を「求人特集」から探す

「特集」からの仕事探しのコツ

特集企業は「今」採用意欲の高い求人ばかり

ゲーム業界では、同じ求人の募集でも、必要な時期や必要度は企業によって異なります。特集などに掲載している企業は、その求人の採用意欲が高いと考えられます。転職意欲が高い方は、「今」採用意欲が高い求人から選択すると効率よい転職活動になるのではないかと思います。


<ゲーム求人特集>

>>> 「ゲーム求人特集」から転職求人を探す