どう使い分ける?転職エージェント・転職サイトの違いとは

転職活動に際して多くの人が利用するものに転職エージェントと転職サイトがあります。 しかしこの2つのどう使い分ければよいのか悩む人は多いのではないでしょうか。
そこで今回の記事では、転職エージェントと転職サイトの違いとメリット・デメリットについて解説していきます。 それぞれのサービスをどのように自分の転職活動に活かせるか、チェックしてみましょう。

転職エージェントとは

転職エージェントとは、求職者が抱える悩みを解決し最適な転職先に導いてくれる人材紹介サービスの1つです。転職のプロが的確かつ親身なサポートを行ってくれるため、求職者はスムーズに転職活動を進めることができます。
この転職エージェントの特徴には、以下のようなものがあります。

・転職サポートのプロによるマッチングサービス
・基本的に無料で利用可能
・専門のアドバイザーによるカウンセリング
・応募書類の添削や面接対策
・企業への代理応募、選考中のフォロー

それぞれの特徴を詳しく説明していきましょう。

転職サポートのプロによるマッチングサービス

転職エージェントには、主に「総合型」と「専門型」の2種類のエージェントが存在します。

「総合型」の場合、特定の職種に限定することなく、どのような業界の求人も幅広く取り扱っています。圧倒的な求人数を誇り、求職者のキャリアビジョンや過去の職歴などに合わせた提案を行ってくれるのが最大の特徴と言えます。
求職者情報に加えて、企業情報も豊富に持っているため、マッチングも比較的スムーズです。特定の転職エージェントにしか求人をオープンしていない上場企業(特にメーカーや金融業界)も多く、大手企業への転職を狙っている人なら登録しておくと希望の求人情報が手に入りやすいでしょう。

一方の「専門型」はその名の通り、特定の業種・職種に特化した転職エージェントです。特定の業界に精通したプロが転職活動を後押ししてくれるので、専門のポジションを狙って転職活動をしている求職者におすすめです。
「専門型」特徴としては、業界に対する高い専門性と業界知識に基づいたコンサルティングを実施してくれる点や一般的には知られていない隠れたベンチャー企業や優良企業などを取り扱っている点が挙げられます。業界特化型のため、大手エージェントと比較すると取り扱う求人数は限られるものの、1つひとつの求人の質が高く安心して転職活動に臨めるところが魅力です。

基本的に無料で利用可能

転職エージェントと聞くと料金が発生するのではないかと心配する人もいるかもしれませんが、転職エージェントのほとんどは無料で利用できます。無料である理由は、企業側が転職エージェントに対し求人広告掲載費やデータベース使用料を支払っているためです。転職エージェントの中には有料の業者もありますが、無料の転職エージェントでも十分にサポートを受けられます。

専門のアドバイザーによるカウンセリング

転職エージェントでは、経験豊富なキャリアカウンセラーや国家資格キャリアコンサルタントによる面談を受けることが可能です。最適な転職先を自力で見つけるのは大変ですが、転職エージェントを利用すれば対面や電話、メールなどによるカウンセリングが受けることができます。仕事における価値観の振り返りや希望条件の整理ができるため、効率的に転職活動が進められます。

応募書類の添削や面接対策

転職エージェントのサポートは多岐に渡りますが、応募書類の添削や面接対策をしてくれるのは特にポイントが高い点の一つでしょう。
転職エージェントでは過去の選考における成功例・失敗例を数多く保有しています。たとえば「選考に通りやすい書類の書き方」、「面接での質問項目」、「選考を通過した人の特徴・失敗した人の特徴」などの事例を参考に、転職活動を成功に導くための施策を一緒に考えてくれるので、選考通過率が飛躍的に高まります。

企業への代理応募、選考中のフォロー

求職者が転職活動に専念できるように企業への代理応募や面接の日程調整といった選考のフォローをしてくれることも転職エージェントの強みの1つです。日程交渉や応募に際する条件交渉などを転職エージェントが代行してくれることにより、よりベストなスケジュール感にて転職活動が行えます。想定年収や役職といった、企業側に直接聞きにくい質問内容も転職エージェントに任せてしまえば安心です。

転職エージェントのメリット・デメリット

転職エージェントを利用するメリットには、

・転職活動の段取りや条件交渉を任せられる
・転職やキャリアに関するアドバイスや選考のサポート(書類添削・模擬面接)が受けられる

といったものがありますが、当然ながら転職エージェントにもデメリットがあります。

・担当者との相性によって転職活動が左右される場合がある
・転職したい業界や職種が定まっていない場合には、当たり障りのない(全く興味のない)企業を紹介されることがある
・求職者の学歴や職歴によって紹介される企業が異なることも
・内定を獲得してから、意思決定までの猶予期間が短い

担当者との相性によって転職活動が左右される場合がある

転職エージェントを利用する場合、担当者によって自分と合う・合わないがあるということを理解しておく必要があります。 転職サポートのプロといっても、経験年数や対応方法などによってバラつきがあることも事実。また、コミュニケーションスタイルやレスポンスのタイミングといった部分で求職者との相性が問われる部分もあるでしょう。担当者と求職者の間で「報告・連絡・相談」のスタイルが確立しなければ、転職を成功に導くことは難しいと言えます。

そのため、転職エージェントを利用する場合は、求職者側からしっかりと要望やサポートして欲しい部分を伝えておくことが大切です。要望を伝えてもなお十分なサポートが得られないと感じた場合には担当者を変更してもらうことも可能です。

転職したい業界・職種が定まっていないと、当たり障りのない(全く興味のない)企業を紹介される場合がある

転職エージェントはあくまでも求職者の転職活動をサポートする存在であり、最終的にどの業界にどんな条件で就職するかは求職者次第です。
よって、あらかじめ業種や職種、希望条件を整理しておかなければ、転職エージェント側も適切な情報を提供することができず、結果的にミスマッチの企業を紹介されることになります。興味のない業界や適性に見合わない企業を紹介されることがないよう自己分析や企業研究は怠らないようにしましょう。

求職者の学歴や職歴によって紹介される企業が異なることも

転職エージェントでは、求職者の学歴や経歴、資格などを見てから求人を紹介することがほとんどです。 つまり、今のポジションより高い収入や役職を狙いたくて転職活動を行ったとしても、学歴や経歴によっては思うような企業を紹介してもらえない場合も当然あるでしょう。転職活動において自身の学歴や経歴がネックとなっている場合には、専任アドバイザーに相談するのも1つの手です。カウンセリングの結果「未経験OK、人柄重視」の企業を紹介してくれるケースもあります。

内定を獲得してから、意思決定までの猶予期間が短い

転職エージェントでは内定が決まると意思決定を急かされる場合があります。
意思決定を急かされる理由として、

・企業側→他社に良い人材を取られたくないので、一刻も早く人材を確保したい。採用コストをかけたくない
・転職エージェント側→業績達成のために内定を早く確保したい

といった背景があります。 内定承諾の回答期限は企業によって異なりますが、平均して1週間前後と言われています。しかし、上記のような理由で内定承諾を急かされた際に、焦って回答を決めてしまうのは禁物です。他の企業の採用結果を待っている場合や事情があって即座に回答できない場合には、きちんと理由を説明して「○月○日までには返答します」と転職エージェントに一言伝えておくと良いでしょう。

転職サイトとは

転職サイトはウェブサイトに掲載された様々な求人を検索・閲覧することができるサービスです。サイトに掲載されている企業情報や募集要項などを比較しながら転職活動を進めていくことを可能にします。
転職サイトの特徴には、以下のようなものがあります。

・自分のペースで転職活動を進められる
・求人情報が豊富に掲載
・会員登録のみで手軽に利用できる
・気になった求人にすぐ応募可能

それぞれの特徴を詳しく説明していきます。

自分のペースで転職活動を進められる

今すぐに転職したい人、良い企業に出会えたら転職したい人など、転職活動のペースは求職者によって異なります。転職サイトであれば誰かに急かされることもなく、じっくりと自分と向き合いながら自分自身のペースで転職活動を進めていくことが可能となります。

求人情報が豊富に掲載

転職サイトには求人情報が豊富に掲載されています。わざわざ企業にコンタクトしたり、ホームページを閲覧したりせずとも、サイト上の募集要項を見るだけで転職に必要な情報をある程度得ることが可能です。条件を指定するだけで瞬時に求人を見つけることもできます。

会員登録のみで手軽に利用できる

転職サイトは基本的に無料です。会員登録は必要ですが複雑な作業は不要、手軽に求人情報を閲覧できます。学歴や経歴などを事前に登録しておけば、自分から応募せずとも企業からスカウトしてもらえる可能性もあります。

気になった求人にすぐ応募可能

転職サイトは、転職エージェントのように間に立って調整する人がいないので、直接企業の採用担当者とやり取りが可能です。気になった求人には応募メール機能を利用してすぐに応募が可能であり、自分の強みや想いを確実に伝えることができます。企業の採用担当者とダイレクトにやり取りできるのは、転職サイト最大のメリットと言えるでしょう。

転職サイトのメリット・デメリット

転職サイトを利用するメリットには、

・自分のペースで転職活動が進められ、豊富な求人から転職先を探せる
・会員登録して学歴や経歴を入力しておけばスカウトが来る場合もある

といったものがありますが、転職サイトのデメリットには次のようなものがあります。

・応募書類の確認や面接日程の調整などを自分一人でやらなければならない
・莫大な求人情報の中から自分に合う転職先を見つけられない場合がある

応募書類の確認や面接日程の調整などを自分一人でやらなければならない

転職サイトを利用して転職活動を行う場合には、履歴書の添削から面接の日程調整、条件交渉まで求職者自身で対応する必要があります。転職に関するサポートは一切得られないので、手厚いサポートを受けたい人には不向きです。
ただし、転職サイトによっては、独自のサービスとして履歴書や職歴の添削サポートを行っている場合もあります。利用する転職サイトのサービス内容を細かくチェックし、活用できる部分は最大限活用するようにしましょう。

莫大な求人情報の中から自分に合う転職先を見つけられない場合がある

転職サイトでは、莫大な求人情報の中から自分に合う求人を見つけるのに時間がかかってしまいます。情報が豊富にある中、転職の素人が的確な求人を選ぶのは容易ではありません。転職期間に余裕がある場合は問題ないですが、早急に自分に合った転職先を見つけたい人は転職エージェントの活用をおすすめします。

「転職エージェント」「転職サイト」自分に合っているのはどっち?

ここまで転職エージェントと転職サイトの内容について見てきましたが、改めて両者の違いを比べてみましょう。

このように見ると、求職者が何を重視するかで利用する先が異なることがわかります。
それぞれ特徴が大きく違うため、転職関連の様々なサイトに登録したくなりますが、いろんなものに手を出してしまうとスケジュール管理や担当者とのやり取りが煩雑になってしまいます。そのため、自分が目指す業界や適性、キャリアビジョンを考慮して、利用する先を絞ってから登録すると良いでしょう。

転職エージェントに向いている人の特徴


・転職活動を伴走してサポートして欲しい人
・アドバイスを貰いながら転職活動を進めていきたい人
・結果を早く出したい人

※手厚いサポートを求める人におすすめなのはコチラ
「イマジカデジタルスケープ(IMAGICA DIGITALSCAPE)」

こちらは、Web・ゲーム・映像業等クリエイティブ業界に特化した専門の転職エージェントになります。

転職サイトに向いている人の特徴

転職サイトに向いているのは次のような求職者です。

・自分のペースで転職活動を進めていきたい人
・自力で未来を切り拓いていきたい人
・転職活動期間に比較的余裕のある人

※自力で転職活動を頑張る人におすすめなのはこちら
「クリ博ナビPRO」

ゲーム、映像、マスコミ、IT、WEB業界に力を入れている転職サイトです

両方を活用するハイブリット型に向いている人の特徴

利用する先はなるべく厳選するべきと前述しましたが、

・転職エージェントか転職サイトか二者択一は難しい人
・アドバイスは転職エージェント、求人探しは転職サイトというように両者の良い所を取り入れた転職活動がしたい人

には、ハイブリットに両サービスを利用してみるのもひとつの手です。

※転職エージェントと転職サイト、どちらを選ぶべきか迷った方におすすめなのはコチラ
クリエイターズキャリア診断 ~あなたはどんなキャリアを創り出す?~

「To Creator」は、クリエイティブな仕事に関わる人向けのコラムやイベント情報などがメインのサイトです。転職エージェントと転職サイトのどちらを選ぶべきか迷ったら、To Creatorの「クリエイターズキャリア診断」でチェックしてみましょう!

まとめ

今回の記事では、転職エージェントと転職サイトの違いとメリット・デメリットについて解説してきました。

手厚いサポートが受けられる転職エージェントと自分のペースで活動できる転職サイト、それぞれ異なる特徴を持つ2つのサービスですが、自分にベストな方法を見つけて転職活動を優位に進めていきましょう。

同じカテゴリーの記事