転職を失敗する理由と失敗する人の特徴3選!後悔のない転職術

転職に失敗する理由&失敗する人の特徴をそれぞれ3選にまとめました。さらに、クリエイティブ業界の特徴と転職事情も解説します。

「転職失敗だ!」と後悔する理由3選

転職において失敗とはどのような状態を示すのでしょうか?ここでは「転職に失敗した!」と後悔する主な理由を3つ紹介します。

・職場の雰囲気が自分にマッチしていない
・待遇が説明と違う
・思っていたよりも活躍できない

■職場の雰囲気が自分にマッチしていない


仕事内容や給与面の条件には満足しながらも、社風や職場の雰囲気に馴染めないと、働きづらくなります。雰囲気というのは入社前の段階ではなかなか判断できない要素のため、入社後しばらくしてから気付くケースがほとんどです。

■待遇が説明と違う


いざ入社してみたら、勤務時間や残業時間、給与、休暇などが求人ページや面接の際の説明とは異なる待遇だった、というケースもあります。入社前に実際に働く人に話を聞くなど、現場の生の声をきくことも重要です。自分と会社の理解にズレがないか確認しましょう。また確認には、内定から入社するまでの期間にもらえる「労働条件通知書」を使うことも考えてみましょう。「労働条件通知書」は労働者に対して伝えなければならない事項を正確に記載した文書です。求人と照らし合わせ、引き続き会社を入念にチェックする、という方法もあります。

■思っていたよりも活躍できない


転職前に抱いていた理想と転職後の現実とのギャップが原因で後悔する例も少なくありません。事前にその仕事がどれほどの難易度か、自分のスキルとマッチしているか、しっかりと吟味することが必要です。会社に関する情報収集はもちろん、自己分析も徹底して行い、入社後の自分の働きぶりやポジションをある程度イメージしておきましょう。

原因はこれ!転職に後悔する人の特徴3選

・ネガティブな感情から新天地を求める
・転職先の情報収集を怠る
・「転職すること」が目的になってしまう

■ネガティブな感情から新天地を求める


勤務条件や雰囲気、評価に対する不満があると、ふとその会社から「逃げ出したい」というネガティブな感情が生まれることもあります。転職に失敗する人は、その負の感情だけで安易に転職活動を行い、転職先で同様の不満を感じて、また何度も転職を繰り返してしまう人も多いです。

■転職先の情報収集を怠る


「どこでもいいから早く転職を決めたい」という焦りから、しっかり情報収集をしないまま転職先を決めて失敗する人も多いです。面倒くさがったり、給与面や残業の有無等などを重要視しすぎて判断要素が偏ってしまったりすると、結果失敗してしまうことがあります。

■「転職すること」が目的になってしまう


「ここではないどこかで働いてみたい」「新しい環境に身を置きたい」という漠然とした憧れやイメージだけで転職活動を進めると、失敗してしまうケースが多いです。理想の働き方を実現するための「手段」であるはずの転職が、いつの間にか「目的」になってしまうと、いろんな職場を転々とするだけで同じ失敗を繰り返してしまいます。

転職を失敗させない!5つの対策

上記で紹介したような転職の失敗を防ぐには、どのように対策したら良いでしょうか。ここまでで紹介した失敗理由を元にした、5つの対策を紹介します。

・本当に転職する必要があるのか考える
・自己分析を怠らない
・企業分析を怠らない
・キャリアパスを明確にする
・自分の市場価値を意識する

■本当に転職する必要があるのか考える


今持っている不満が、本当に今の職場では解決できないのか、本当に転職によって解消できるものなのか、一度立ち止まって考えましょう。
それでも転職活動をする決断に至ったときには、今の仕事を辞めたいと思った原因を分析し、今後同じことにならない仕事を探す必要があります。今の状況から抜け出すことだけではなく、自分の将来を見据えて転職先を決めることが大事です。

■自己分析を怠らない


転職活動の出発地点として、自己分析は非常に重要です。関心のある業界・企業を研究する前に、自分がなぜその業界・企業をめざすのか、理想とする仕事に自分はマッチするか、自分の強みがそこでどのように生きるか、しっかりと分析することが大切です。
また、履歴書上や面接で魅力的に自己PRをするためにも、自分の得意なこと、経験したこと、働く上で重視すること等を整理しておきましょう。自己分析を重ねると、新たな自分の側面を知り、関心のある業界や職種の幅が広がる可能性もあります。

■企業分析を怠らない


転職活動の出発地点として、自己分析は非常に重要です。関心のある業界・企業を研究する前に、自分がなぜその業界・企業をめざすのか、理想とする仕事に自分はマッチするか、自分の強みがそこでどのように活きるか、しっかりと分析することが大切です。
また、履歴書上や面接で魅力的に自己PRをするためにも、自分の得意なこと、経験したこと、働く上で重視すること等を整理しておきましょう。自己分析を重ねると、新たな自分の側面を知り、関心のある業界や職種の幅が広がる可能性もあります。

■キャリアパスを明確にする


キャリアパスとは、目標となる職業や職務に向かうために必要なスキルや経験を具体化した、ゴールまでの道筋です。自分の理想像をできるだけ具体的にイメージし、到達するまでに必要な要素をできるだけ段階的に洗い出してみましょう。キャリアパスが明確か、そうでないかでは、将来のキャリアアップへのモチベーションが違ってきます。

■自分の市場価値を意識する


世間一般で見た自分の価値、その時々における転職市場・人材市場でどのくらい評価されるのかを、いわゆる市場価値と言います。自分にしかないスキルがあれば、それは市場価値を高める大きなアピールポイントです。自分の市場価値を自覚して、めざす仕事における適正なポジション・年収をきちんとリサーチすれば、理想的な転職の実現にも近づきます。

短期退職のリスクと「とりあえず3年」の理由3つ

早く仕事を辞めることが必ずしも転職に不利益となるわけではありませんが、短期退職での再就職にはリスクがあります。短期退職したい場合は、これから紹介する3つのリスクを理解した上で、転職活動のやり方を考えましょう。

・給与などの待遇が下がる可能性がある
・職歴が短く転職が多いことは企業側の不安に
・人間性に難があるのでは?と疑われる

■給料などの待遇が下がる可能性がある


日本では終身雇用形態がまだまだ主流で、長く働くことを前提にしており、年齢や勤続年数で給与や退職金の金額が決まります。そのため、年功賃金制度を採用している企業では転職をして勤続年数が短くなった結果、給与が前職より下がる可能性があります。

また、退職金の金額も転職により勤続年数が短くなることで、貰える退職金が転職をしなかった人と比較して、大幅に少なくなることがあります。多くの企業で退職金支給の条件として勤続○年以上と就業規則で定めていることが多く、短期の転職だとそもそも退職金が貰えない可能性もあります。

■職歴が短く転職が多いことは企業側が不安に思うことも


履歴書の職歴欄を一目見て、転職の回数が多く、各職歴が短い場合、企業側は、退職歴の多い人材を見て、お金や時間、労力をかけて育て上げても、「またすぐに辞めてしまうのでは」と不安視するかもしれません。

世間一般では、3年という年数が「仕事を一通り身につける」目安とされています。3年に満たない短期間での職歴が続く場合、面接で退職理由等の事情を詳しく問われることもあるので、企業の不安を解消できる答えを準備しておきましょう。

■人間性に難があるのでは?と疑われる


会社での仕事は、周囲とのチームワークが必要不可欠です。短期間での離職が続くと、チームワーク、すなわち協調性に欠けるのではないか、と不安視される可能性もあります。
現代では、どんなに仕事ができても、職場での人間関係を円滑にするためのコミュニケーション能力が求められます。面接時には、さりげない会話や気遣い、マナーも見られるので注意しておきましょう。

転職は常識?クリエイティブ業界に転職が多い3つの理由

Web系やゲームのクリエイター、デザイナー等のいわゆるクリエイティブ系の職は、一般的なビジネスパーソン等の他業種に比べて転職が多い傾向があります。その主な理由を3つ紹介します。

・職歴より実績重視の実力社会
・クリエイティブ業界は人材獲得に力を入れている!
・未経験者歓迎の開かれた門戸

■職歴より実績重視の実力社会


中途社員の採用基準は、業界によっても特徴に違いがあります。クリエイティブ業界は実力社会の色が強く、キャリアアップやヘッドハンティングというポジティブな理由もあります。つまり、職歴の長さよりも、自身の制作した作品や、携わったプロジェクトに対する評価が重視される傾向があります。

■クリエイティブ業界は人材獲得に力を入れている!


より多様なスキルを必要とする状況から、クリエイティブ業界は今まで以上に人材獲得へ注力。「良い人材をいかにして自社で囲うか?」は各社共通の課題になっています。
そのため求職者は専門スキルがあれば引く手あまた。積極的にキャリアアップを狙っていくことができます。こうした状況から、クリエイティブ業界では転職回数が他業界に比べ多くなっている傾向にあります。

■未経験者歓迎な開かれた門戸


クリエイティブ業界が未経験者の採用を積極的に行っていることも、転職回数の多い理由の1つです。
専門スキルが重視される風潮と聞くと、限られた人にしか就職のチャンスがないと思うかもしれません。しかし必ずしもそうではないのです。近年では多くの制作会社が質の良いコンテンツ制作のために自社お抱えクリエイター獲得に奔走。それに伴って自社内部でクリエイターを教育し育て上げていく気運も高まっています。そのため未経験者であっても意欲さえあれば積極的に採用を行っている企業もあります。このように他業界からであっても参入可能な風土もまた、転職回数の多さに一役買っているのです。

転職が多いからといってジョブホッパーにならないよう注意!

クリエイティブ業界は、比較的転職が受け入れられやすい業界であると解説してきました。しかし、だからといって全ての転職に寛容なわけではありません。
むしろクリエイティブ業界では自身のキャリアプランや将来像を明確に求める傾向があるため、「複数回の短期退職をしている」「職歴に一貫性がない」といった場合は他業界と同様に厳しい目で見られてしまいます。
クリエイティブ業界であっても、職場を転々とするジョブホッパーになってしまわないように注意しましょう。

転職の第一歩は情報収集と自己分析!転職に寛容な業界でも失敗しないために油断は禁物!

転職を失敗しないためには、情報収集がとても重要です。成功談と同じくらい、失敗談も参考にしていきましょう。また、転職に寛容と言われるクリエイティブ業界であっても一貫性のあるストーリーで自分の将来像を語れなければ不利になってしまいます。まずは自分が何をしたいのか?将来に向けて何をすべきか?といったキャリアプランを明確にすることが重要です。企業・業界研究と同等に、自己分析やキャリアパスの構築を徹底して行えば、自分にマッチする会社に出会えるはずです。