アニメ業界への転職、アニメ業界の職種とキャリアを徹底研究

アニメ業界

プロが作る こだわりの映像世界とは

アニメ業界では、さまざまな人材や企業が関わりを持って成立しています。代表的な企業は3つ、「アニメ制作会社(プロダクション)」、「テレビ局・映画会社」、「スタジオ」です。企画・提案は主にアニメ制作会社が行い、テレビ局や映画会社に企画が承認されると制作がスタートします。アニメ制作会社や社外スタジオによって制作が進められ、完成した作品は、テレビ局や映画会社に納品されるというのが一般的なワークフローになります。

アニメ業界で求人が多いのは「アニメーター」と「制作進行」といった職種です。アニメーターは動画や原画をはじめとする“絵を描く仕事”なので、とにかく描くことが好き!という人は、アニメーターを目指すといいでしょう。

一方の制作進行は、アニメ制作に関わる複数の職種・工程を管理するマネージャー的な職種です。ワークフロー全体に触れながら、ほぼすべての職種の基礎知識を得ることができるため、将来的にプロデューサーになるケースが多いといえます。

その他、募集は少ないですが、背景美術、色彩設計、仕上、撮影など多数の職種が存在していますので、まずは職種の詳細をしっかりと確認しておくことも大事です。

アニメ業界での職種

アニメ業界での職種

アニメ業界の仕組みとワークフロー

アニメ業界の仕組みとワークフロー

まとめ

アニメ業界に携わる仕事で転職したい方へ。アニメ業界の職種やキャリア、会社のしくみ、ワークフロー等を解説してきました。まずは全体を把握した上で、個別の企業や求人をよく研究し、自分自身の考えやスキルをもっとも活かせる会社、仕事を見つけてください。

同じカテゴリーの記事