Web業界への転職、Web・インターネット業界の仕組みや仕事を徹底研究

Webg業界の職種やワークフローは会社によってさまざま!

Web業界の企業は、大きく二つに分けることができます。ひとつは「Web制作会社(プロダクション)」。いろいろな企業からの依頼を受けて、コーポレートサイトやキャンペーンサイトをはじめとする多彩なWebサイトを制作している点が特徴です。

もうひとつが「Webサービス会社」と呼ばれる企業です。そのほかにも、SEO・SEMを行うマーケティング会社など、専門性の高い企業も多く存在します。

Web業界は他のクリエイティブを扱う業界に比べ、比較的若い業界です。そのため業界共通のワークフローが定まっておらず、会社によって仕事の進め方に違いがあったりします。また、主な職種はWebデザイナーとWebプログラマーですが、会社によってはWebプランナーやインフォメーションアーキテクチャといったスペシャリストがいるケースもあります。業界だけでなく、企業についてもよく研究し、自分に合う会社を見つけることが大切です。

Web業界ではこんな風に成長できます

Web業界の仕組みとワークフロー

まとめ

Web業界についてご紹介してきました。Web業界といっても働く先はさまざまです。また、ひとつのサイトが完成するまでのワークフローの流れを知ることは、Web業界で働く上では非常に大事なことです。
業界研究も大事ですが、転職したい会社の企業研究をすることも大事です。どんなサイトを作った実績があるのか等も調べておき、自分の方向性に合った転職先を見つける努力をしましょう。

同じカテゴリーの記事