広告業界への転職、広告代理店(広告会社)の職種や仕組みを徹底研究

広告業界

心に響く、伝わる広告をつくため、消費行動を予測する

広告とは、広告主の伝えたいメッセージを、広告会社(広告代理店)が映像や文字などさまざまな形態に変化させ、テレビや新聞、雑誌、Webといったメディアを通して、消費者や顧客に届けることです。「広く世間一般に告げ知らせること=広告」です。

広告会社を大きく分けると、電通、博報堂といった「総合広告会社」、SPやネットなど特定分野に秀でた「専門広告会社」、親会社やグループ企業の広告企画制作を主とする「ハウスエージェンシー」、「外資系広告会社」となります。

広告会社から外部に発注することも多いため、企画立案などで活躍したいなら広告会社、実際に制作等で活躍したいならグラフィック広告プロダクションやCM制作会社、Web制作会社などに入るのもひとつの手です。

広告業界の主なメディアとは?

広告業界のメディア

仕組みとワークフローをご紹介

広告業界のしくみとワークフロー

まとめ

広告業界の会社に転職したい方へ、広告業界の職種やメディアや業界の仕組み、ワークフローについて解説してきました。広告業界といっても、それぞれの会社により、形態や仕事の内容は様々です。そのため、業界の全体感を知り理解したら、個別の企業や求人をよく研究することが大事です。本当に自分がやりたいことは何なのか、自分を活かせる場所はどこなのか、自分自身をしっかり見つめながら、広告業界の研究をしていきましょう。

同じカテゴリーの記事