映画・映像業界への転職、映画や映像制作の仕組みや仕事を徹底解説!

映画・映像業界

映像制作の工程は大きく分けて3つ!

映像制作の工程は大きく分けて3つあります。ひとつ目に、企画や予算、シナリオ作成、スタッフや出演者のキャスティングを行う「プリプロダクション」、2つ目は、撮影や照明、音声などに関わる「プロダクション」、3つ目は、画像を編集し、ナレーションや音楽をつける「ポストプロダクション」です。

映画やCM、テレビ番組などは、映画会社やテレビ局の制作部だけでなく、映像制作会社へ制作を依頼することがほとんどです。自分のアイデアをカタチにするならひとつ目の「プリプロダクション」、現場での実制作に関わりたいなら2つ目の「プロダクション」、CGなど作品の仕上げなら3つ目の「ポストプロダクション」を選ぶといいでしょう。

また、制作会社によっては専門・得意分野は異なります。自分が目指す働き方や向いている職種を考えた上で企業研究を進めていきましょう。

こんな風にキャリアアップできる!

映画・映像業界の主な職種

仕組みとワークフロー

仕組みとワークフロー

まとめ

映画・映像業界の会社へ転職したい方、業界の職種やキャリア、映画・映像業界のしくみ、ワークフロー等を解説してきました。映画・映像業界と言っても、働き方は様々です。職種によって仕事の内容が大きく違ったり、求められる要件が異なってきます。全体を把握したら、個別の企業や求人をよく研究し、転職した際に自分自身が輝ける職場を見つけてください。

同じカテゴリーの記事