ゼニマックス・アジア株式会社(ゲーム開発スタジオ タンゴ・ゲームワークス)(2016)企業概要|求人・転職は、転職サイトのクリ博ナビPRO

ゼニマックス・アジア株式会社(ゲーム開発スタジオ タンゴ・ゲームワークス)

ゼニマックス・アジア株式会社(ゲーム開発スタジオ タンゴ・ゲームワークス) 画像
ゼニマックス・アジア株式会社(ゲーム開発スタジオ タンゴ・ゲームワークス) 画像2
ゼニマックス・アジア株式会社(ゲーム開発スタジオ タンゴ・ゲームワークス) 画像3
ゼニマックス・アジア株式会社(ゲーム開発スタジオ タンゴ・ゲームワークス) 画像4
ゼニマックス・アジア株式会社(ゲーム開発スタジオ タンゴ・ゲームワークス) 画像5
会社概要

最終更新日:2021/05/20

本社所在地 東京都
資本金 3000万円
売上高 非公表
従業員数 ZeniMax Group 約2000名 ZeniMax Asia(単独)112名
  • facebook
  • twiiter
  • LINEで送る

お知らせ

「世界をあっと言わせてやる、ゲーム好き」求む!

ゲーム開発が大好きである。協調性がある。自ら積極的に提案ができる。強い向上心と好奇心がある。仕事に対する責任感がある。私たちは、そういうクリエイターを求めています。

メッセージ

Tango Gameworksは業界を代表するゲームクリエイター三上真司率いる精鋭のクリエイター集団

『ゲーム創り』にこだわる。

売れはするけど、やりがいと面白さを失ったゲーム開発スタジオにはなりたくありません。
クリエーター目線でのゲーム創りにこだわったスタジオ。世界に誇れるような日本のゲーム開発。ゲームに対する愛では世界一になれる。そんな開発スタジオを目指します。

エグゼクティブ・プロデューサー 三上真司

企業紹介

世界中の人をあっと言わせるゲームを日本から発信!

ゼニマックス・アジア株式会社は米国に本社を置く、ゼニマックス・メディア・インクの日本法人です。サバイバル・ホラーの生みの親、三上真司率いるタンゴ・ゲームワークスでは世界中に向けたゲーム開発を、また、パブリッシング部門では、日本及びアジア地域でのベセスダ・ソフトワークスの世界に誇るゲームタイトルを発売・販売しています。
ゼニマックス・アジア株式会社(ゲーム開発スタジオ タンゴ・ゲームワークス) 紹介画像

国境も言葉も超えて楽しめるユニークピースを、次々と!

世界中のタイトルから、ユーザーの一人ひとりが自分の好みに合ったゲームを自由にチョイスして遊ぶ時代。日本のクリエイターならではのアイディアや技術を活かし、皆様に心から楽しんでいただける個性的な作品をお届けしてきます。

何よりもゲーム好きな仲間と、何よりも面白い作品を!

壁にぶつかりながら、一歩ずつ成長している新人がいる。リアルさを求めて、散歩中の犬を追い掛け回すチームリーダーがいる。業界未経験で入社し、今やディレクターを務める外国人スタッフがいる。世界を驚かすゲームを生み出そうと、日々奮闘するクリエイターたち。

(開発中)Gohstwire: Tokyo

人口の99%が突如消失した東京が、邪悪なモノたちに覆い尽くされようとしている。強力な霊能力を駆使して "超常" の敵と戦い、大規模人体消失事件の謎を解明せよ。
未知と対峙し、真実を暴き、東京を救え。

【開発実績】Psycho Break

全世界を震撼させた『バイオハザード』の生みの親が、ついに動きだす!かつて誰も体感したことの無い困難と恐怖の世界で、もがきながらも立ち向かい、生き延びるのだ。
恐ろしい世界、恐ろしい未知な化物、次々と襲い来る恐怖。
その恐怖をプレイヤー自らの力でぶち壊す爽快感、達成感、そして少しの安堵感。個性的な登場人物が、様々な謎や困難を必死に乗り越えながら繰り広げてゆく、複雑で奥深いドラマ性。それらの絶妙なバランスによって織りなされる最高の「ホラーエンターテイメント」、それが『サイコブレイク』だ!

【開発実績】Psycho Break 2

三上真司の指揮の下、Tango Gameworksの精鋭チームが手掛ける『The Evil Within 2』。今作はその心理的なスリルとサバイバルホラーの独創的な組み合わせにより、高い評価を得ている同シリーズを、新たなステージへと導きます。
不幸のどん底にいる主人公「セバスチャン・カステヤノス」は、死んだはずの娘を取り戻すチャンスを得て、悪夢の世界に足を踏み入れます。迫りくる災いから生き延びるため、武器と罠を用いて立ち向かうのか、それとも息を潜めてやり過ごすのか、全てはあなた次第です。
  • ●注目ポイント①:全世界に向けたAAAタイトルを制作することのできる、日本国内には数少い開発スタジオのひとつです
  • ●注目ポイント②:クリエイターは全員「全世界のユーザーを楽しませるゲーム」の為に「世界が相手」がデフォルトです。
  • ●注目ポイント③:「ゲームを面白くすること」を何よりも大切にしています。肩書きや上下関係等を超えて意見・アイディアを交わし合う文化です!
  • ●注目ポイント④:自由闊達な開発環境で、新しい世代の新しい感性で、新しい時代の新しいゲーム創り!
  • ●注目ポイント⑤:”ありきたり”や”無難”を超えた先の成功や充実感を一緒に味わえる熱い仲間を募集中!

会社名

ゼニマックス・アジア株式会社(ゲーム開発スタジオ タンゴ・ゲームワークス)

代表者

ジェイムス・エル・レーダー

設立日

2008年1月

資本金

3000万円

売上高

非公表

従業員数

ZeniMax Group 約2000名 ZeniMax Asia(単独)112名

平均年齢

関連企業

Microsoft Corporation
ZeniMax Media Inc
<Development Studios>
Bethesda Game Studios
ZeniMax Online Studios 
id Software
Tango Gameworks
Arkane Studios
Machine Games
Alpha Dog Games
Roundhouse Studios
<Publishing Offices>
Bethesda Softworks LLC.
ZeniMax Europe Ltd.
ZeniMax Germany GmbH
ZeniMax France SAS
ZeniMax Benelux BV
ZeniMax Media Russia (located in Moscow).
ZeniMax Australia Pty Ltd.
ZeniMax Asia Pacific Ltd.

業種

ゲーム会社

事業内容

ゲーム開発(主にコンシューマー向け)及び発売・販売

主な実績

サイコブレイク、サイコブレイク2、Gohstwire:Tokyo (coming soon)

採用実績

採用実績校

所在地

〒108-0023 東京都港区芝浦4-2-8 住友不動産三田ツインビル東館6階

URL

https://www.tangogameworks.com/

地図

主要取引先

この企業に近い条件で探す

本社所在地