ゲームディレクターの仕事に就きたい!知らないと損する業界・就職先について詳しく説明

ゲームディレクターの仕事に就きたい!知らないと損する業界・就職先について詳しく説明

ゲームディレクターの仕事に就きたい
ゲーム業界に憧れている人の中には、「将来はゲームの開発現場を指揮したい」、「ゆくゆくは制作チームのトップをやってみたい」と考えている人も多いことでしょう。ゲーム関連の仕事はクリエイター系から企画・営業系まで多岐に渡りますが、豊富な実績と経験をもとに開発チームのリーダーとして現場を指揮するのが「ゲームディレクター」です。

しかしデザイナーやプログラマーといった職種と比べて、ゲームディレクターという言葉には馴染みが薄く、仕事内容や目指し方がよくわからないと感じる人は少なくありません。

そこで今回は、ゲームディレクターの仕事や求められるスキル、雇用形態などについて詳しくご紹介します。

ゲームディレクターの仕事内容

ゲームディレクターの仕事内容
では早速、ゲームディレクターの仕事内容をみていきましょう。

基本的にゲームというのは企画・開発・販促などの段階を経て1つの制作物となります。そのうちゲームディレクターが担当するのは開発領域の部分。開発部門におけるリーダー的存在として、現場スタッフを指揮したり、取りまとめたりするのがゲームディレクターの仕事となります。

具体的には、

企画の立案、打ち合わせ
開発スケジュールや工程の管理
現場スタッフのフォロー
ゲームの品質確認および改善
トラブル時の解決策を模索、提示

といった業務をメインに行います。

ゲーム制作の現場では数人~数十名単位でのプロジェクトチームが結成され、制作スケジュールに基づいて開発が進んでいきます。プロジェクトはスタッフの人数が多くなればなるほど管理や連携が難しくなりますが、ゲームディレクターがいることで現場のスタッフが問題なく業務を遂行できるようになるだけでなく、状況に応じたスケジュール調整やトラブル時のスムーズな解決などが可能となるのです。

ただしゲームディレクターはあくまでも開発部門のリーダーであり、企画~販促まで一連の指揮を執るのは「ゲームプロデューサー」という別の職種となります。全体の総監督である「ゲームプロデューサー」は、一般的に「ゲームディレクター」経験後のネクストステージとして用意されているポジションと考えておくと良いでしょう。

ゲームプログラマー/ゲームデザイナー/ゲームプランナーとは何が違う?

会員向けの記事です。続きはログインしてご覧ください。

同じカテゴリーの記事