ゲーム業界の仕事って何があるの?就活生のためのゲーム業界『徹底解説』

ゲーム業界の仕事って何があるの?就活生のためのゲーム業界『徹底解説』

就活生の間で常に高い人気を誇るゲーム業界。「クリエイティブなスキルが発揮出来そう」「日々面白い企画にチャレンジ出来そう」といったイメージがあり、ゲーム好きな人をはじめ多くの学生が憧れる業界の1つでもあります。

しかしゲーム業界と一口に言っても、その中には様々な職種が存在し、「実際にどんな仕事があるのかよくわからない」「詳しい仕事内容についてはあまり知らない」という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ゲーム業界を志望する就活生のために、ゲーム業界の種類や職種、最新事情について徹底的に解説していきます。

ゲーム業界ってどんな仕事をするところ?

ゲーム業界とは、主にゲームソフトやゲーム機を企画・開発して販売するのが主な仕事です。
ゲームと聞くと「家庭用ゲーム機」を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、近年では携帯端末でクオリティの高いゲームを手軽に楽しめるようになっていることもあり、スマホ・タブレット用のゲーム開発も盛んに行われています。

ゲーム業界の種類

ゲーム業界の仕事って何があるの?就活生のためのゲーム業界『徹底解説』_種類

ゲーム業界には、下記の通り大きく分けて2つの企業パターン(種類)が存在します。

まず1つ目が「ハードウエアの開発」をする企業です。
ハードウエアとは、家庭用または業務用のゲーム機などを指します。最近ではVR(仮想現実)端末を用いたゲーム機も登場しており、新しい技術を用いたゲームの開発に力を入れる企業も出てきているようです。

そして2つ目が「ソフトウエアの開発」をメインに扱う企業。
こちらはゲームソフトやスマホゲームのソフトを企画・開発し、販売するのが主な仕事です。ソフトウエアの開発を扱う会社には、ゲーム機の中に搭載されるソフトの企画や販売を手掛ける「ゲームパブリッシャー」とゲームソフトの開発のみを担う「ゲームディベロッパー」が存在しています。

ここではゲーム業界への理解を深めるためにあえて別々に記載しましたが、ゲーム会社の中にはハードウエアの開発からソフトウエア開発までを一貫して手掛けるゲーム関連企業も少なくありません。そのためゲーム業界を志望する方は、「自分がどんな分野に携わりたいのか?」「志望する会社が自分の方向性とマッチしているか?」といった視点で業界研究や企業研究を進めていくと良いでしょう。

ゲーム業界の職種

とはいえ「ゲーム業界にどんな職種が存在するのかまだよく分からない」という方も多いと思いますので、ここからはゲーム業界の職種について掘り下げていきましょう。

ゲーム業界の中に存在する職種は、大きく下記の5つに分類することができます。

・企画職系(プランナー/ディレクター/営業)
・デザイン職系(2Dデザイナー/3DCGデザイナー/背景デザイナー)
・エンジニア職系(ゲームエンジニア/ゲームプログラマー)
・サウンド職系(サウンドクリエイター)
・バックオフィス系(人事、採用、経理など)

これらを一つずつ解説していきます。

企画職系(プランナー/ディレクター/企画・営業)

ゲームの製品開発に携わるのが企画職系の仕事です。具体的な職種には、「ゲームプランナー」「ゲームディレクター」「営業(アカウントプランナー)」などがあります。


「ゲームプランナー」や「ゲームディレクター」と呼ばれる人たちは、ゲーム制作のスケジュールや予算を管理したり現場を統括したりすることが多く、デザイン職やエンジニア職の人たちと連携を取りながら一つの作品を仕上げていきます。また「企画・営業職」では、マーケティング(市場調査)やプロモーションを通して、ゲームの販促を手掛けます。


企画職系はゲームの売れ行きを左右する重要なポジションですが、その分やりがいも大きく、ゲーム業界の中では花型の仕事でもあります。特に制作現場全体を指揮する「ゲームディレクター」「ゲームプロデューサー」は、技術職や営業職などで幅広い経験・スキルを積んだ人が抜擢されるケースも多いようです。

デザイン職系(2Dデザイナー/3DCGデザイナー/背景デザイナー)

ゲーム業界の仕事って何があるの?就活生のためのゲーム業界『徹底解説』_デザイン職系

デザイナー職はゲーム内に出てくるキャラクターや背景のデザインを担当します。

デザイン部門は「キャラクター」「背景」「モーション」など作業が細分化されているものが多く、各分野のプロがチームとなり一つの作品を仕上げていきます。ゲームにおいて最も重要な要素の1つである「ビジュアル」に関して重要な役割を担っていることから、求められるイメージを的確に形にするスキルが求められます。

近年では3D技術を駆使したゲームの開発が進んでいることから、2Dだけでなく3DCG技術も扱えるデザイナーが求められるケースも増えているようです。

エンジニア職系(ゲームエンジニア/ゲームプログラマー)

エンジニア職ですが、こちらは「ゲームエンジニア」や「ゲームプログラマー」と呼ばれる人たちが該当します。


「ゲームエンジニア」とは、ゲーム機の開発を専門に行うITエンジニア。家庭用ゲーム機や最新テクノロジーを搭載したゲーム機などを開発するのが主な仕事です。最近では3DやVR、AIなどの分野が注目されており、こうした分野を扱えるエンジニアは非常に重宝される傾向にあります。


一方「ゲームプログラマー」は、ゲームをプログラミングするのが主な仕事。「この操作でキャラクターがこう動く」「ここで~~の音が鳴る」といったように、設計書の内容に合わせてエフェクトをプログラミングしながらゲームを制作していきます。細かい仕様にも対応できる高い技術が求められるため、プログラミングを専門に学んだ技術者が採用されるケースが多いようです。

サウンド職系(サウンドクリエイター)

サウンド職は、その名の通りパソコンや専門の機器を使ってゲーム内で使用される曲を制作するのがメインの仕事。ゲームの中には「耳に残って忘れられない」というような効果的なサウンドや音声が用いられているものが度々登場しますが、それらのほとんどはサウンドクリエイターによって手掛けられた作品になります。


サウンドクリエイターになるために特別な資格はありませんが、ゲームの雰囲気に沿ったサウンド作りができる作曲スキルやDTW(DAW)などの専門ソフトを使いこなせる技術力が必要です。

バックオフィス系(人事、採用、経理など)

バックオフィス系は主に事務面で上記の職種を支えるのが仕事になります。具体的な仕事内容には、人事や採用を担当する総務系、品質管理系、経理系、カスタマーサポート系などがあり、外国語が得意な人であれば翻訳業務に抜擢されるケースもあるようです。


事務系の仕事は技術系の職種に比べて地味だと感じることもあるかもしれませんが、縁の下の力持ちとしてゲーム制作や販売を裏方から支える重要なポジションであり、ゲーム会社を経営・維持するのに欠かせない存在と言えるでしょう。

ゲーム業界の最新事情

ゲーム業界の仕事って何があるの?就活生のためのゲーム業界『徹底解説』_ゲーム業界の最新事情

コロナによる緊急事態宣言や外出自粛命令などの影響を受け、「巣ごもり需要」「お家時間の充実」といったキーワードを取り上げられるケースがここ数年増えていますが、そんな中で改めて注目を浴びているのが「ゲーム」の存在。
近年オンライン環境が急速に普及したこともあって、家にいながら他のプレイヤーと対戦できたり、スマホ一つでクオリティの高いゲームが楽しめたりと、コロナ禍でもゲームの需要は右肩上がりです。

また5Gの実現によって高速データ通信が可能となればさらに精度の高いゲームをプレーできるようになるほか、3DCGやVR技術によって今までにはない新感覚ゲームの登場なども期待されています。

さらに最近ではeスポーツ(ゲーム対戦をスポーツのように競ったり、観戦したりする)の市場が急拡大するなど、ゲーム業界を取り巻く環境は日々アップデートされていますので、ゲーム関連企業への就職を希望するなら今後の動向に常にも高いアンテナを張っておきたいものです。

詳細はイベント一覧から【ゲーム業界仕事サミットonline】のリンクをクリックすることで確認できます。


まとめ

今回の記事では、ゲーム業界の種類や職種、最新事情について詳しく解説していきました。
これまでゲーム業界の仕事について深く知らなかった方も、職種や仕事内容を具体的に見ていくと「こんな仕事がしてみたい!」「この分野にチャレンジしてみようかな」といったイメージが膨らんだのではないでしょうか。これを機に、もっとゲーム業界のことを知りたいという気持ちが湧いてきたら、実際にゲーム業界のインターンや説明会などに参加してみるのも良いかもしれません。

同じカテゴリーの記事