3DCGデザイナーの仕事に就きたい!知らないと損する業界・就職先について詳しく説明

3DCGデザイナーの仕事に就きたい!知らないと損する業界・就職先について詳しく説明

3DCGデザイナー
皆さんの中には3Dで描かれるキャラクターやパノラマといった独特の世界観に心が奪われたり、興味を惹かれたりした経験をお持ちの方はいらっしゃいますか?

かつて3Dは一部の企業や研究所でしか得ることのできない技術でしたが、21世紀に入ってからはコンピューター技術が急速に発達、最近では家庭用のPCやゲームにも活用されるようになりました。さらに3DCGは映像の美しさや滑らかさが特徴で、一度ハマるとその虜になるファンも多いようです。

そんな3DCGに興味を持ったことがきっかけとなり、「自分もゲームやグラフィック制作の仕事に携わってみたい」、「デザイナーとして作品を手掛けてみたい」と考える就活生も少なくないでしょう。

そこで今回は、3Dを扱うプロフェッショナルである「3DCGデザイナー」の仕事内容やスキル、適性などについて詳しく解説していきます。

3DCGデザイナーの仕事内容

普段私たちが目にする3DCGを利用したゲームやアニメーションの中で、視覚に訴えかけるデザインを担当するのが「3DCGデザイナー」の仕事。3D作品は、「1.モデリング」→「2.テクスチャー」→「3.リギング」→「4.モーション」→「5.レンダリング」というプロセスを踏んで完成に至りますが、3DCG製作ソフトを使用することによって作り上げていくのが3DCGデザイナーの役割となっています。

ここからはそれぞれの工程を詳しく説明していきましょう。

会員向けの記事です。続きはログインしてご覧ください。

同じカテゴリーの記事