2023年卒の就活はどうなる?スケジュールや採用動向について徹底解説

現在大学生活を送っている学生の中には、未だコロナの収束する見通しが立たない現状を見据え、今後の就活スケジュールや採用動向がどうなるのか気になっている人も多いと思います。
特にまだ時間があると思っている学年であるほど、「自分の就活時にはコロナは終わっているのだろうか?」「コロナが終わっていたとしても採用人数に何かしらの影響はないだろうか?」と不安を抱えていることでしょう。

そこで今回は、2021年4月に3年生を迎える2023年卒の学生を対象に、

基本的な就活スケジュール
インターン情報
コロナ禍の採用動向
コロナが就活に与えた変化

といった「就活の大まかな流れ」や「コロナ禍における新卒採用の状況・ポイント」ついて詳しく解説してきます。

2023年卒の基本的な就活スケジュール

就活にあたって2023年卒の学生が最も気になることの1つが、「自分たちの就活スケジュールがどうなるのか?」という点ではないでしょうか。

毎年の就活スケジュールは、日本経済団体連合会(通称:経団連)と政府が中心となり基本指針が決定されますが、すでに2023年卒の採用スケジュールも「2022年卒の採用選考と同じ方針で進めていくこと」が確定済みです。

とはいえ、2022年卒の動向を詳しく知らない方も多いと思いますので、2023年卒の就活がどのように進められていくのか具体的に見ていきましょう。

2023年卒の就活は、2022年の3月に採用情報が解禁され、6月から本格的に書類選考や面接がスタートする予定となっています。

2022年と同様のスケジュールとなった背景には、経済状況の悪化に伴う採用活動への影響が生じる可能性を考慮したことが挙げられます。コロナ禍において、「就活生の混乱をなるべく避けるために現状維持でのスケジュール調整が好ましい」という理由から、今回の決断に至ったようです。

このスケジュール通りに行けば、2021年3月にプレオープンしていた就活サイトが2022年3月以降に続々とグランドオープンしたり 、採用情報が企業のウェブサイト上に公開されたりと、各企業が採用に向けて本格的に動き出すことが予想されます。

また、会社説明会や合同説明会、オンラインセミナーなどが頻繁に開催されるようになるため、学生の間でも「就活モード」が高まっていくでしょう。

ただし2022年3月に採用情報の解禁と決定はされているものの、採用スケジュールや説明会の実施時期などは企業によって異なるケースもあるため注意が必要です。

就活のスケジュールを見誤ると、「採用のエントリーに間に合わなかった」、「十分な対策や用意ができないまま選考を迎えてしまった」ということになりかねません。

そのため志望する業界や会社が決まっている場合には、企業サイトや就活サイトなどで情報のキャッチアップを怠らないことが大切です。

下記に採用プロセスをまとめましたので、就活の大まかな流れを知る参考にしてみてください。
【大学2年生~】
・自己分析
・業界、企業研究

【大学3年の春・夏~大学3年の秋・冬】
・インターンシップ参加

【大学3年の3月~大学4年の4月】
・採用の情報解禁、説明会の開始
・就活サイトグランドオープン
・エントリーシートの作成準備
・志望企業へのエントリー

【大学4年6月~9月】
・書類選考、Web試験(SPIなど)、適性検査
・面接試験、最終選考
・内々定の連絡

【大学4年10月~】
・採用通知、内定

何からはじめるのか?


就活を始めるにあたり、「何から手を付ければいいのかわからない」という人は多いと思われますが、そんな時はまず自己分析から始めてみましょう。

自己分析は就活がスタートしてから始めればいい、という人もいるかもしれませんが、企業の選考と並行して自己分析をするのは非常に骨の折れる作業。自己分析が十分に行えていないにも関わらず、多くの企業にエントリーをしたところで書類選考を突破するのは極めて難しいと言わざるを得ません。

そこで大学1~2年生の早い時期から、「自分の強みや長所は何か?」、「その会社でどんなことを実現したいのか?」、「キャリアビジョンをどう描くか?」などを考えておくことが大切です。

自己分析をする中で、将来やってみたいことや志望する企業が見えてきたら、次は業界研究や企業研究をスタート。本やテレビなどの情報だけでなく、実際にイベントに参加したりOBOGに話を聞いたりと、具体的なアクションを取ることで業界や企業に対する理解がより深まります。

大学3年生になると間もなくインターンシップの募集が始まるため、それまでには「業界を志望する理由」や「将来会社に入って実現したいビジョン」、「会社の中で自分が生かせる強み」などをある程度明確にしておくと良いでしょう。

インターンのスケジュール

インターンシップに関しては2021年の夏から翌年の3月頃にかけて行われることがほとんどです。

スケジュールや期間は企業ごとによって異なりますが、基本的に就活生はサマーインターンシップまたはオータムインターンシップのどちらかを選んで参加することになります(※オータムインターンシップは企業によっては開催されない場合もあり)。

サマーインターンシップのメリットとしては、

夏休みに開催されるため学生側も参加しやすい
2週間以上、1ヶ月以上といった長期インターンシップが行われる場合も多く、企業の特性や業界への理解が深まりやすい
書類や面接の際に語れるエピソードが増える
自らの適性や企業との相性を知るきっかけとなる
働くイメージや会社の雰囲気を肌で感じられる

といった点が挙げられます。

なかなか学生のうちは「企業で働く自分の姿」がイメージしにくいものですが、インターンシップを経験することで、自分自身を見つめ直したり、将来の自分を考えたりする良い機会となります。
そのためインターンシップにチャレンジできる機会があるなら、積極的に参加すると良いでしょう。

一方、秋冬のインターンシップでは、

インターン期間が短いケースが多い
学校の後期考査(定期試験)と重なってしまう場合がある
就活の準備を並行して行う必要が出てくる

など、企業側・学生側ともにスケジュールに余裕がなくなることも考えられます。

また、コロナ禍での緊急事態宣言のように突然延期や中止を余儀なくされる場合や、インフルエンザや風邪などの病気、天候不良で参加ができなくなるといったケースもあります。こうした予期せぬリスクも考慮して、チャンスがあれば何事も早めに取り掛かるのが就活を成功させる秘訣と言えるでしょう。

一部のベンチャー企業やマスコミの就活スケジュールには要注意

2023年卒の就活スケジュールは、「2022年3月に採用情報解禁」、「2022年6月から選考スタート」という基本的な方針が定められているものの、必ずしもこのルールに則った企業ばかりではありません。

優秀な人材や企業にフィットした人材を選ぶため、あえて採用活動を早期化させる企業も多く、中には大学3年生の時期から採用を見据えたインターンをスタートさせたり、かなりスケジュールを前倒して独自の指針で採用活動を行ったりするケースも存在します。特に一部のベンチャー企業や外資系企業、マスコミでは採用を早期化する傾向が高いです。

たとえば外資系企業の場合、大学3年生の夏にインターンを実施し同年秋ごろに選考がスタート、年内までには内定が出ているというパターンも少なくありません。実質一般企業より半年以上前から就活がスタートしているようなものであり、タイミングを逃してしまうと選考すら受けられないといった状況も考えられます。

また、マスコミでは説明会を大学3年生のうちから実施するケースが多く、説明会が終わるとすぐに選考が始まってしまうため、通常の就活スケジュールよりも早く対策を練る必要があります。

マスコミの採用試験では「時事ネタ」や「難易度の高い一般常識」などの内容が出題される場合が多く、付け焼き刃の知識では対応できないことも。もしマスコミ関係を希望する場合には、試験対策も含めかなり早い時期からの入念な準備が求められるでしょう。

このように早期採用の傾向は今後さらに強まる見通しであり、「就活はまだ先だから自分には関係ない」、「就活解禁の直前になってから動き出せばいいや」と安易に考えず、早め早めに情報収集をしておくことが大切です。

2022年卒の採用動向および2023年卒の就活予想

2020年~21年にかけて続くコロナ禍では、企業の経済活動にも大きな影響がありました。
東証1部上場企業の2020年4月~12月までの決算では、営業利益が前年度比26%減となったほか、3月期が決算となる1336社(金融除く)のうち、決算を発表した1332社を分析すると、減収となった企業は808社、赤字企業が265社と、コロナ禍による経済の落ち込みが伺えます。
中でも鉄道会社をはじめとする陸運関係や自動車輸出業、アパレルメーカーなどは大幅な減収となっており、厳しい状況が続いているようです。

一方で、「ゲーム関係や情報通信分野」など増収増益となっている業界や「電気・ガス」など増益が横ばいとなる企業もあり、「コロナ禍において巣ごもり需要の獲得ができる業種かどうか」、「外的要因に左右されにくい業種かどうか」といった点が明暗を分けた形となっています。
参照:朝日新聞デジタル

こうした企業の業績は、採用活動にも直結することが多く、人気就職先ランキングで常に上位を獲得しているANAホールディングスでは2022年度のグループ新卒採用を、例年の3000人から200人へ縮小させると発表。
参照:日本経済新聞

同じく、就職先ランキング上位の常連企業・JTBグループでも、2022年の新卒採用は見送る方針を決定しており、大手企業が軒並み採用取りやめや縮小の動きを見せています。
参照 :JTBプレスリリース

コロナショックによる経済悪化がどこまで続くかは未知数ですが、コロナ前の状況まで即座に回復するとは言い難く、2023年卒の採用活動にまで影響を与える可能性も少なくありません。

希望業界や企業での採用活動が突然取りやめとなってしまうケースもあるため、そうなった場合のリスクヘッジとして「特定の業界だけでなく様々な業界の研究をする」、「幅広い業種にエントリーする」といったことも考えておきたいものです。

コロナが就活に与えた影響

コロナが就活に与えた影響
コロナ禍では企業の採用活動が縮小傾向となっただけでなく、採用の方法そのものが見直されるきっかけとなりました。中でも特に大きく変わった点といえば、これまで直接顔を合わせて行われるのが当たり前だった会社説明会や面接がオンライン開催に変更になったことでしょうか。

オンラインになったことで戸惑う学生もいたようですが、「遠方からでも参加できる」、「交通費がかからなくて済む」、「勉強や部活の合間に説明会やセミナーへ顔を出せる」など、好意的に受け止めている就活生も多かったようです。

企業側にも、「説明会や面接のためにわざわざ場所を借りる必要が無い」、「金銭的コストや時間的コストが省ける」といったメリットがあり、アフターコロナにおいて引き続きオンラインで説明会や面接を行う企業も少なくないでしょう。

オンライン面接は通常のリアル面接とは異なり、「魅力をアピールしづらい」、「表情が伝わりにくい」と感じる人も多いことから、部屋の照明やメイクを工夫する、表情豊かに話すなど、オンラインに特化した面接対策も求められます。

2023年卒の採用活動においてどちらの方法が主流になるか断定はできないものの、リアル・オンラインのどちらにも対応できるよう準備を進めたいものです。

また、最近の傾向として企業が優秀な人材を直接ハンティングする「ダイレクトリクルーティング」も増えてきています。このように人材を囲い込むことは、コロナ禍で「採用にかかるコストを削減したい」、「なるべく短期間で新卒人材を確保したい」と考える企業にとって最も効率的な採用方法の1つと言えます。

中には、就活サイトに登録されたプロフィールや実績、自己PRなどを読んだ企業が直接学生へ「うちの企業を受けてみないか?」などと持ちかけることも。これまで学生からのエントリーが主流だった新卒採用の場において、企業側から学生へオファーを出すヘッドハンティング的な手法が取り入れられるようになっており、就職サイト上に掲載する自分(学生側)の情報をいかに企業にアピールするか、という視点も今後必要になりそうです。

まとめ

今回の記事では、2023年卒の「就活スケジュール」と「コロナ禍における就活の動向とポイント」について解説していきました。

コロナ禍で「企業の採用活動がどうなるのか心配だ」と思う人もいるかもしれませんが、スケジュール管理能力と適切な対策があれば必要以上に不安に感じることはありません。来るべき就活に向けて、できるところから着実に始めていきましょう。