株式会社グラスホッパー・マニファクチュア(2676)会社概要 クリ博ナビ2023│就活・合同説明会・インターンの情報サイト

株式会社グラスホッパー・マニファクチュア

株式会社グラスホッパー・マニファクチュア 画像
株式会社グラスホッパー・マニファクチュア 画像2
会社概要

最終更新日:2022/07/26

本社所在地 東京都
資本金 1000万円
売上高
従業員数 40
  • facebook
  • twiiter
  • LINEで送る

お知らせ

\ 9月ポートフォリオオンライン選考会参加! /

↓詳しくは下記URLをご覧ください!↓
https://www.kurihaku.jp/2023/recruit/detail/76508/

メッセージ

いつも新しくて、“PUNK”な存在を感じさせること。

初めてVideo Gameに出会ったときのインパクトを覚えていますか?

私は、町のゲームセンターで初めてVideo Gameに出会いました。そのときに受けたショックを忘れられません。
テレビでもないマンガでもない、四角い箱が暗がりで発光しているのを見て、すごく興奮したんです。

私が今でもいつも考えているのは、その時に感じた初期衝動を忠実に反映したVideo Gameを作るという事です。
この初期衝動というのは、みなさんが大好きなバンドと出会ったときの衝撃と一緒だと思うんです。

私自身は、Punk~New Wave期の英国のロックバンドに大きな衝撃を受けて育ちましたが、どの世代にもそれぞれ、衝撃的な存在となるバンドがいたと思います。
そういった"Punk"な存在は、映画でも音楽でも必ず数年おきに出現します。

Video Gameは誕生してまだ半世紀も経過していません。
そんな若いカルチャーだからこそ、私たちはいつでも新しく、衝撃的なVideo Gameを作っていかなければならないのです。
CEO/ゲームデザイナー 須田 剛一

企業紹介

“自社の独自性を持った作品”を届ける

我々、グラスホッパー・マニファクチュアは、1998年の創立以来、主に家庭用プラットフォーム向けゲーム開発で20年以上、25タイトル以上の開発実績があります。多くの作品で代表の須田剛一が脚本・監督を務め、その独特で革新的な作風が世界的な注目を集めています。

レコードのA面からB面となる反動的作風により、単純なアクションゲームスタジオではなく、次はどんなスタイルの作品なのか? 常にゲーマーが新しい作風を期待する引き出しの深いスタジオの特色が現れています。

A面は、デビュー作「シルバー事件」、衝撃作「killer7」という多層的で底なし沼のような深い世界観で、一度惹き付けたファンを無限定着させる完全なるオリジナルを標的とする須田本来のスタイルそのものとなります。B面とは、A面反動となるオリジナルとは表裏の存在となりすべての影響下を作品に投下するごった煮スタイルの何でもありの超絶エンターテイメント、代表作は「ノーモア★ヒーローズ」「ロリポップチェーンソー」といった特に欧米でヒット作になり易いスタイルです。

グラスホッパーの設立時の須田の目標は、世界的なアクションゲームスタジオとして100年企業として後世に残るスタジオでした。須田自らの物語、世界観を構築するノウハウを万全としたスタジオの特色を軸として、年月と共に変化するゲームジャンルの遍歴が見えて取れます。

10名以下のスタッフ編成時のアドベンチャーゲームから創立スタートして、10名を超えた時期に3Dアドベンチャーへと技術のステップアップを図ります。20名を揃えてからは“攻撃”ファクターを実装しアクションアドベンチャーへと進みます。「killer7」でカプコンとの技術交流で得たアクションノウハウ、代表の須田が師匠となる三上真司氏から学んだアクションのチューニングスキルを身につけて、本格的なスラッシュアクションへの挑戦を開始します。2006年からスラッシュアクションに磨きをかけて、世界で最も“ボスファイト”を製造するスタジオとなりました。最も自信を持つ“ボスファイト”だけでなく、入力というゲーム体験を最大化して拡大解釈してゲーマーに届けるその方法、手法を積み上げて積み上げて、練り込むことで、グラスホッパースタイルと呼ばれるゲームの信頼となります。幾つかの大事な定義には、入力と表現の融和、スクリーンとスクリーンの接続、感情のリズムがあります。これらがビデオゲーム体験における強烈な没入感となり、ゲーマーの明日への活力なるエネルギーを注入するグラスホッパー作品となります。
株式会社グラスホッパー・マニファクチュア 紹介画像

グラスホッパー・マニファクチュアについて

株式会社グラスホッパー・マニファクチュアは、1998年創立のインタラクティブ・エンターテイメント・ソフトウェア開発会社です。
これまで、家庭用プラットフォーム向けのゲーム開発において25タイトル以上の実績を持ち、多くの作品はCEO/ゲームデザイナーの須田剛一が脚本・監督を務めています。
独特で革新的な作風を持ち味とするその作品群は多くのゲーム愛好者を魅了し、世界的にも大きな注目を集めています。

弊社のインタビュー記事一覧、ご覧ください♪~

▼電ファミニコゲーマー
https://news.denfaminicogamer.jp/interview/220125b

▼CGWORLD
https://cgworld.jp/interview/202201-grasshopper.html

▼4Gamer
https://www.4gamer.net/games/999/G999905/20211216125/

▼AUTOMTON(オートマトン)
https://automaton-media.com/articles/hiring/20220119-188886/
  • 現場のアイデアを重視している社風があり、面白い表現であれば広く様々なことを試験・採用する環境
  • 弊社の個性が強いキャラクターや世界観に合うグラフィックを模索しながら制作することは弊社ならではで、最も面白みがある部分
  • 日本だけでなく世界に向けて、他の会社では開発できないような オリジナリティのあるゲームを形にする開発に携われる
  • 強いこだわりを持って自分のアイデアを発信できる方が活躍できる機会が多くある
  • 新しい気づきや刺激を常に得ることが出来る仕事

会社名

株式会社グラスホッパー・マニファクチュア

代表者

代表取締役 須田剛一

設立日

1998年3月30日

資本金

1000万円

売上高

従業員数

40

平均年齢

37

関連企業

ネットイース

業種

ゲーム会社

事業内容

家庭用ゲームソフトおよびデジタルコンテンツの企画・開発・販売

主な実績

シルバー事件
花と太陽と雨と
シャイニング・ソウル
Michigan
killer7
サムライチャンプルー
BLOOD+ ONE NIGHT KISS
ノーモア★ヒーローズ
零 月蝕の仮面
ノーモア★ヒーローズ2 デスパレートストラグル
シャドウ オブ ザ ダムド
ロリポップチェーンソー
KILLER IS DEAD
LET IT DIE
TRAVIS STRIKES AGAIN:NO MORE HEROES

採用実績

採用実績校

所在地

〒112-0004 東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル

URL

https://www.grasshopper.co.jp/

地図

主要取引先

株式会社アクティブゲーミングメディア / 株式会社マーベラス / 任天堂株式会社

この企業に近い条件で探す

本社所在地