リスペクトのデザイナーが語る!Webデザインとグラフィックデザインの違いと魅力|仕事コラム|株式会社リスペクト

リスペクトのデザイナーが語る!Webデザインとグラフィックデザインの違いと魅力

リスペクトのデザイナーが語る!Webデザインとグラフィックデザインの違いと魅力

社員インタビュー【デザイナー編】

今回はデザインのお話です!
当社はWebデザインもグラフィックデザインも両方扱っています。
そこでその2つの違いや魅力について当社のWebデザイナーと
グラフィックデザイナーへのインタビュー形式でお伝えしていきます。

Q.Webデザインとグラフィックデザインの違いは?
A.根本的には同じビジュアルデザインなので共通点は多いです。
ただ、WebデザインはWeb独自のルールがわかっていないと
できないこともあります。
大きな違いと言えば、やはり動きがあるように見せるグラフィックと、
コーディング上で本当に動きを作るWeb、ここでしょうか。
求められるスキルももちろん変わってきますからね。
あと、色の表現はグラフィックデザインと、Webデザインで違います。
どちらのデザインであれ、色は難易度が高いポイントの1つです。

Q.Webデザインの魅力は?
A.Webは媒体としてやれることがどんどん進化しています。
1年くらいで技術が古くなっちゃうんですね。日々新しくなっていくので、
勉強しないと追いつけなくなります。でも新しくやれることが多いので、
そこは魅力ですね。

Q.グラフィックデザインの魅力は?
A.デザインの自由度が高いところが魅力です。Webは媒体によって
変動があると思うんですが、グラフィックは自分の思った通りのものが
形になります。グラフィックの一番の良さはそこですね。また、自分が
制作したものが世の中に流通する瞬間も、グラフィックの魅力を実感します。

Q.Webデザインに向いている人は?
A.新しい技術を学ぶ姿勢のある人、積極的に取り入れることができる人が
Webに向いていると思います。あとはUI的な使いやすさを本当に
考えられる人が良いですね。

Q.グラフィックデザインに向いている人は?
A.グラフィックはビジュアルですね。画作りが好きな人!
あとは淡々とやる人が向いていると思います。自分もそうです。


いかがでしたでしょうか。
当社ではクリエイター職(デザイナー・ライター)の採用もしておりますので
興味のある方はぜひ選考にご参加くださいね。