アナウンサー密着【ナレーション編】|仕事コラム|株式会社フジテレビジョン

アナウンサー密着【ナレーション編】

アナウンサー密着【ナレーション編】

ワインのように声が熟成されていくのが楽しみです

西山 喜久恵 アナウンサー

プロフィール
1992年フジテレビ入社
広島県尾道市生まれ
上智大学文学部英文学科卒業

担当番組
(2019年7月現在)
『めざましテレビ』「きょうのわんこ」ナレーション(月~金)
『めざましどようび』

SCHEDULE スケジュール

11:00

「きょうのわんこ」のナレーションは、実はオンエアとは
別撮りなんです。
何本かをまとめて収録します。

11:10

ナレーションを録音するスタジオにて、準備作業をする西山アナ。「今日はどんなかわいいわんこに会えるかな」「今日はどんな楽しいナレーションにしようか」といつもワクワクしています、とのこと。

11:15

収録の前には必ず原稿をチェック。また、気心の知れたスタッフからわんこの情報が伝えられ、ナレーションへのイメージを高めます。西山アナも柴犬を飼っているそうで、柴犬が登場する回には、どうしても愛犬と重なることがあるそうです。

11:20

西山アナが原稿を読み出すと、一瞬でスタジオ内が「きょうのわんこ」のやさしい雰囲気に包まれます。「ナレーションは声だけで勝負するので、日頃の体調管理が大切です。体の不調は、全部声に出てしまいますから」

INTERVIEW インタビュー

Q.西山アナの理想のアナウンサー像を教えてください。

声だけで表現し、声だけで伝えられるアナウンサーになりたいです。最近、「声は、ワインのように熟成して年齢とともに良くなっていく」と教えていただいて、すごく楽しみにしています。
そういう意味でも、アナウンサーは一生成長していける仕事であり、素敵だなぁと改めて思います。もちろん日々の練習や喉のケアをしっかりしないといけませんが。‥‥(続く)