ドラマプロデューサーの仕事|仕事コラム|株式会社フジテレビジョン

ドラマプロデューサーの仕事

ドラマプロデューサーの仕事

想いさえあれば、誰にでもドラマを作ることができる

フジテレビ 編成制作局 草ヶ谷 大輔

■プロフィール
2007年フジテレビ入社
東京都生まれ
立教大学 社会学部 出身

■所属 (2019年11月現在)
編成制作局 制作センター第一制作室

■近年のプロデュース作品

ドラマ
『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』(2017)
『コンフィデンスマンJP』(2018)
『トレース~科捜研の男~』(2019)
『モトカレマニア』(2019)

映画
『コンフィデンスマンJP ロマンス編』(2019)

フジテレビを志望した理由を教えてください。

小学3年生のとき、父親の仕事の都合でシンガポールへ家族みんなで移住したんです。テレビをつけても英語の番組しか流れず、日本が恋しくて不安な毎日を送っていました。そんな中で、祖母が母のために日本のテレビドラマを撮りためたVHSを毎月送ってくれていたんです。そのドラマを母と一緒に観ているうちに、それが僕の楽しみにもなりました。
そうしているうちに自然と「将来はテレビドラマの制作に携わる仕事をしたい」と思うようになって。大学生のときに参加したフジテレビの講座で、実際のドラマの制作現場を見て夢と期待が膨らみ、フジテレビを志望するに至りました。

入社後、最初はどんなお仕事をされていたのでしょうか。

入社してすぐにドラマ制作の部署に配属されて、最初は『ファースト・キス』(*1)という作品で、一番下っ端のAD(アシスタントディレクター)としてキャリアをスタートさせました。内示を受けたその日にそのままスーツ姿で現場へ向かい、右も左もわからないまま「美打ち」と呼ばれるドラマの全スタッフが揃うロケ場所・撮影方法や美術品などの打ち合わせに参加したのを覚えています。
当時のドラマ制作の現場では寝られない日々が続きましたね。毎日先輩に怒られ続けながら撮影していました。でも放送を観ると、つらかった日々の記憶がスーッとなくなっていく感覚を覚えました。作っている間は大変なことばかりだけど、作品として形になったものを観たときの感動はとても大きいですね。

*1 『ファースト・キス』2007年7月クール「月9」枠で放送されたテレビドラマ 主演は井上真央

やりがいを感じるのはどんなところですか?

できることが増えると、やりがいも増えてきます。
『ファースト・キス』の次に担当したのが『ガリレオ』(*2)だったのですが、ある日、現場にADの先輩方が多忙で来られなくて、チーフADと僕のふたりしかいない日があったんです。僕は当時一番下っ端のADだったんですが、先輩がやっている仕事を自分で考えながらやらなければならなくなった。無理にでも与えられた仕事以上のことをしてみたら、それがすごく面白かったんです。1作目に沢山怒られたおかげで、ある程度現場でADがどう動くべきか見えてはいたので、その経験が生きたと感じられたことがうれしかったのだと思います。そのときは改めて「ドラマを作る仕事って面白い」と感じました。‥‥(続く)

*2 『ガリレオ』2007年10月クール「月9」枠で放送されたテレビドラマ 原作・東野圭吾 主演・福山雅治
ドラマ第二シリーズ(2013)、劇場版第一弾『容疑者Xの献身』(2008)、第二弾『真夏の方程式』(2013)など続編も制作された