バラエティの仕事|仕事コラム|株式会社フジテレビジョン

バラエティの仕事

バラエティの仕事

今も大事にしている、ある方からの教え “やる気のあるものは去れ”とは?

フジテレビ 編成制作局 木月 洋介

■プロフィール
2004年フジテレビ入社
東京都生まれ 東京大学 経済学部 出身

■所属 (2019年11月現在)
編成制作局 制作センター第二制作室

■担当番組・役割 (2019年11月現在)
『痛快TVスカッとジャパン』『今夜はナゾトレ』『キスマイ超BUSAIKU!?』『ネタパレ』『久保みねヒャダこじらせナイト』『99人の壁』など各バラエティ番組で演出・チーフプロデューサーを務める

フジテレビを志望されたのはなぜですか?

もともとは、テレビ局で働こうとは考えていなかったんです。大学で演劇をしていたこともあって、将来コンテンツを作る人になりたいという気持ちはあったけれども、それをどうやって仕事にすればいいかわからなかった。それは諦めて起業したり、その勉強のために何か資格をとっておこうかな、と考えていました。
でもある日、フジテレビで働いていた演劇サークルの先輩から「お前、フジテレビ受けてみたら?」と言われて、「そうかテレビ就活で受かりさえすればコンテンツ作りを仕事にできるのか」と恥ずかしながらそこで初めて知って、受けたんです。小・中学生の頃は「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば」「ダウンタウンのごっつええ感じ」(*1)などに多大なる影響を受けたので、入社したらフジテレビならではのコント番組をつくりたいなと思っていました。

*1 『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば』
1990年〜1993年まで土曜20時帯で放送されていた、
お笑いコンビ・ウッチャンナンチャン出演のコント・お笑いバラエティ番組

『ダウンタウンのごっつええ感じ』
1991年〜1997年まで日曜20時帯で放送されていた、お笑いコンビ・ダウンタウン出演のコント・お笑いバラエティ番組

やりがいを感じるのはどんなところですか?

うまくいったことも、失敗したことも、そのまま視聴者に届いてしまうところです。「いいとも」の「曜日対抗!! いいとも選手権」(*3)というコーナーが一度、我々ADのミスで道具を壊してしまい急遽実施されなかったことがあるんですよ。生放送でどうすることもできないから、タモリさんが「今日は、ないでーす」と言って番組が終わって。そんなハプニングすら笑いにする。演者さんってすごいんですよ。
番組づくりは生放送でも収録でも、「本番」だというのは変わらないので。台本にとらわれず臨機応変にやっていって、その流れに応じた演者やスタッフの創意工夫でさらに面白くなっていく。その予定不調和がやっぱり一番面白いですね。‥‥(続く)

*3 「曜日対抗いいとも!選手権」
「笑っていいとも!」のエンディングで放送されていたコーナー
各曜日レギュラーが対抗してゲームを行う帯企画