配信ビジネスの仕事|仕事コラム|株式会社フジテレビジョン

配信ビジネスの仕事

配信ビジネスの仕事

TVでも配信でも「面白い」の本質は変わらない

フジテレビ 総合事業局 村上 正成

■プロフィール
2008年フジテレビ入社
埼玉県生まれ 立教大学 社会学部 出身

■所属・担当(2019年12月現在)
総合事業局コンテンツ事業センターコンテンツ事業室 社会部取材記者、編成セクションを経て、現在はFODなどの配信ビジネスに関わる

学生時代に取り組んでいたことは?

メーカから派遣されてプリンターを家電量販店で販売するアルバイトをしていました。競合メーカーとも本気で競い合い、結果を出そうと接客を工夫しながら楽しんでいたのを覚えています。ただ、商品を売るという仕事は好きだったのですが、「お客さんから機能面での不満を言われても自分ではどうにもできない」というもどかしさも感じていました。製品を作る側ではないから、お客さんの指摘を受け止め、上に報告することしかできないんですよね。
そんな経験もあって、就活を意識し始めたときには、自分でものづくりをして責任を持って世の中に送り出す仕事がしたいと考えるようになりました。

なぜテレビ業界を選んだのですか?

僕の場合は「報道に携わりたい」とか「ドラマを制作したい」という強い希望があったわけではありません。テレビは子どもの頃から当たり前のように身近にあって、学校ではよく「あの番組見た?」なんて話しながら盛り上がっていました。テレビ番組に影響を受けて将来の夢をもつようになった友達もいます。そんなふうに影響力のあるものを作れるという魅力が、家電量販店のバイトで感じたもどかしさの延長でつながっていったんです。テレビ業界なら、‥‥(続く)