東京国際プロジェクションマッピングアワードVol.4 上映会レポート

2016年から開催されている「東京国際プロジェクションマッピングアワード」は、予選を勝ち抜いた全国の大学・専門学校生など学生によって結成されたチームによるプロジェクションマッピングの上映会、審査会です。

チームで協力して作り上げた映像作品を一般観客、第一線で活躍する審査員たちの前で披露し評価を受けられることは、学生にとってまたとない機会。日本国内はもちろん、海外チームが参加する年もあり、別の国に住む同年代の作品を見られる貴重な機会でもあります。

第4回目となる今年も、2019年11月16日(土)に東京ビッグサイトにて開催。国内外から集結した13チームによる上映会、表彰式の様子をレポートします。

第4回のテーマは「調和」「スポーツ」

東京国際プロジェクションマッピングアワードVol.4のテーマは、「調和」または「スポーツ」。ラグビーのワールドカップの開催年であり、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの前年でもある2019年にふさわしいテーマに、学生たちが挑みました。

制作に費やした時間は約4ヵ月間。予選を勝ち抜いて最終審査となる上映会に国内外から全13チームが参加しました。

【ノミネートチーム・上映タイトル 当日上映順】
・もやし「世界染織」 / 大同大学
・M-Ultra 「Let’s GO!」/ King Mongkut’s Institute of Technology Ladkrabang(タイから参加)
・Clarity 「糸」/ 日本工学院八王子専門学校
・蘖(ひこばえ)「nature ∩ art」 / 佐賀大学
・ENGAWA 「Play Sports.」/ 日本電子専門学校
・TKG 「ドミノエフェクト」/ 多摩美術大学、日本工学院八王子専門学校
・Team UQAM「Perpetual Motion」 / Université du Québec à Montréal(カナダから参加)
・CHIPAN 「UMAMI」/ 東京造形大学、池上学院高等学校
・α 「ある時はしなやかに、ある時は力強く」/ 大妻女子大学
・幸せを共有するクラブ「雨乞い」 / 成安造形大学
・MoMo 「華合」/ 東京造形大学
・MI Montreal 「Harmony」/ Universite du Quebec a Montreal(カナダから参加)
・田上良品×花川良品「森羅万象」 / 阪南大学、大阪電気通信大学、京都情報大学院大学

当日の司会進行は司会・リポーター・モデル・俳優業とマルチに活躍するハリー杉山さんが務めました。審査員を務めたのは、以下の5名です。

【審査員 順不同、敬称略】
川本康(『コマーシャル・フォト』統括編集長)
森内大輔(NHK/プロデューサー・デザイナー)
橋本大佑(映像作家・アニメーション作家)
シシヤマザキ(アーティスト)
フランチェスコ・フィオーレ(MOMENT FACTORY JAPAN 代表取締役)

各界のプロフェッショナルが審査を行う他、今年は新たな試みとして観客による投票も実施。当日の模様はインターネット上でも中継され、各作品の上映後に来場者・オンライン鑑賞者に向けたオンライン投票を行いました。審査員審査により最優秀賞1チーム、優秀賞2チーム、審査員特別賞3チーム、一般投票により、観客賞1チームが選ばれました。

会場の東京ビッグサイト会議棟前広場には、スープやコーヒーなど温かい飲みものを提供するブースが用意されたほか、演出に連動して光るLEDアームバンドも希望者に無料配布され、会場は華やかな雰囲気に包まれました。

上映会の模様

トップバッターを務めたのは、大同大学のもやしによる「世界染織」。テーマは調和です。モチーフにしたのは「着物」です。世界各国の文化や歴史を着物の生地として色彩豊かに描き、世界の調和を表しました。

2番目はタイから参加したM-Ultraによる「Let’s GO!」。テーマはスポーツです。2Dアニメーションにより、さまざまなスポーツをプレイヤー視点で表現。躍動感のある表現が観客を惹きつけました。
3番目は日本工学院八王子専門学校のClarityによる「糸」。テーマは調和です。一本の糸が絡み織りなす繊細かつ屈強な様を描きます。ビッグサイトの壁面である三角形を活かすシーンもあり、工夫が見られました。
4番目は佐賀大学の蘖(ひこばえ)による「nature ∩ art」。テーマは調和です。自然と人工、対照的な両者について考えを深掘りし、対立ではなく調和、共存している様子を手書きアニメーションの手法を用いて描きました。
5番目は日本電子専門学校のENGAWA による「Play Sports.」。テーマはスポーツです。スポーツをプレイする様子に、約20カ国の言語を用いた文字でプレイ中に発される声や歓声を表現。スポーツを通じて異なる国の人々が交流できる様子を生き生きと描きました。
6番目は多摩美術大学、日本工学院八王子専門学校のTKGによる「ドミノエフェクト」。調和というテーマから「予定調和」という発想を得て、作品名となるドミノを表現した。音に合わせてドミノが倒れていく、リズムの楽しさを感じられる作品でした。
7番目はカナダから参加したUniversité du Québec à MontréalのTeam UQAMによる「Perpetual Motion(パーペチュアル・モーション)」。作品名はミクロからマクロへの移行を表す言葉です。運動中の人体に起こる躍動を描き、スポーツから得られる調和までをクライマックスにかけて表現しました。
8番目は東京造形大学、池上学院高等学校のCHIPANによる「UMAMI」。テーマは調和です。英語にもなっている「うま味」は、味をまろやかにまとめ調和する役割を担っているとし、モチーフに採用。調理の様子を、シズル感のある音と映像で表現しました。テーマの調和を表すため、水彩画の特徴や技法をプロジェクションマッピングに用いる挑戦も行われました。
9番目は大妻女子大学のαによる「ある時はしなやかに、ある時は力強く」。テーマはスポーツです。序盤は墨絵により縄文土器やアスリートの姿が迫力ある様子で描かれ、終盤からは3Dによるリアルな表現を採用。両者の表現の特徴を繋げた作品です。
10番目は成安造形大学の幸せを共有するクラブによる「雨乞い」。テーマは調和です。雨乞いを人と自然との調和として表現。雨を司る神とされる蛇・亀を生贄にした禁忌の雨乞いにフォーカスし、雨乞いから雨が降るまでを描きました。
11番目は東京造形大学のMoMoによる「華合」。テーマは調和です。花びらが日本から世界各国を旅する様子を表し、世界各国の文化も表現。世界平和への祈り、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの成功を願って作成された作品です。
12番目はカナダから参加したUniversite du Quebec a Montrealの MI Montrealによる 「Harmony」。テーマはスポーツです。スポーツのプレイヤー・観客が作り出す一体感を2D、3Dの双方の手法で描きました。また、映像と音のハーモニーとの融合にも挑戦。各スポーツが奏でる音、BGMとしての音との組み合わせが、文字通りハーモニーを奏でる作品です。
13番目は、阪南大学、大阪電気通信大学、京都情報大学院大学の連合チーム田上良品×花川良品による「森羅万象」です。テーマは調和。自然溢れる古代の時代から現代に至る時間の流れから万華鏡を着想し、森羅万象を万華鏡アートとして色鮮やかに描き、時間を超えた融合を表現しました。

観客賞は「Harmony」が受賞


すべてのチームの作品上映を終えたあと、観客によるオンライン投票の結果が発表されました。
受賞したのは、Universite du Quebec a Montrealの MI Montrealによる 「Harmony」。メンバーは「まさか受賞できるとは思わなかった」と驚きと喜びのコメントを寄せました。

花火×プロジェクションマッピングによるフィナーレ


上映会のラストを飾るのは、ファストカルチャー系ユニット「1980YEN」によるプロジェクションマッピング×パフォーマンスです

パフォーマンスの中盤からは、当日上映された13チームのプロジェクションマッピングの抜粋映像がランダムに壁面に投影され、打ち上げ花火も実施。

会場に飾られたLED照明によるイルミネーション、観客に配られたLEDアームバンドもパフォーマンスと連動し、スマートフォンのカメラを向ける観客も多く見られました。大いに盛り上がりを見せ、上映会は閉幕。特設会場内で行われる表彰式へと移ります。


同じカテゴリーの記事