合同説明会の服装で気をつけるポイント!服装自由はどうしたらいい?

合同説明会の案内に「服装自由」と書かれていると何を着ていけば良いのか迷ってしまいますよね。またスーツで参加するにしても、周りから浮いてしまうようなスーツは避けたいものです。今回は合同説明会に参加する時に、実際にどんな服装で参加すれば良いのか、また、その際に持っていくカバンなどもご紹介します。

合同説明会の服装で気をつけること

合同説明会に着ていく服装は、スーツでも私服でも、「TPO」に合った服装を意識しましょう。合同説明会は選考の場ではありませんが、奇抜な服装もふさわしくありません。清潔感があり、色や柄が派手過ぎないもの着るのが基本となります。

合同説明会で「服装自由」はどうしたらいい?

私服で参加してもOK!

基本的に「服装自由」と指定されている合同説明会には、私服で参加して問題ありません。企業側もわざわざ「服装自由」と指定しているからには、就活生が私服で参加することを想定しています。
ただ、実際に「服装自由」としている合同説明会の会場に行ってみると、リクルートスーツで来ている人が多いのも事実です。各種合同説明会によってその会場の雰囲気は違いますので、不安な場合は前年度の合同説明会の様子などを先輩から聞いたり、該当の合同説明会のサイトなどで会場の雰囲気などを調べてみるのも良いかもしれません。

業界や企業によって考え方が違う

IT企業や広告業界、ベンチャー企業は、比較的服装に寛容な傾向があります。そのため、合同説明会に参加する際には、そこまで服装に思い悩む必要はないでしょう。 反対に、金融業界や公務員といった「真面目さ」「勤勉さ」が求められる傾向にある業界では、「服装自由」となっていても、先に述べた業界・企業よりは清潔感のある誠実な印象を与える服装を選ぶ方が良いでしょう。もし服装に迷ってしまい選べない場合は、リクルートスーツで参加するのも一つの方法です。

合同説明会に「スーツ」で参加する時のポイント

スーツは何色がいいの?

合同説明会は選考の場ではありませんが、「黒」や「濃紺」などの落ち着いた色のスーツを選ぶのが望ましいでしょう。カラースーツやスーツの生地に目立つ柄が入っているタイプのものは避けることをおすすめします。

アクセサリーはつけていい?

また装飾品であるアクセサリーは必要ありません。合同説明会は就職活動の一環で、就活生が業界や企業について情報を取得する場所であり、おしゃれをする場所ではありません。TPOを意識して、イヤリング・ピアスやネックレスなどのアクセサリーは外していきましょう。

コートは何を着ていいの?

冬季でコートが必要な場合は、脱ぎ着しやすいトレンチコートやスーツによくマッチするチェスターコートがおすすめです。ダッフルコートやモッズコート、ボア素材のコートなどはカジュアルすぎるためおすすめできません。

女性のスーツはスカート?パンツ?

女性がスーツを選ぶ際、スカートかパンツかで迷い人も多いでしょう。基本的にはどちらを選んでも構いません。ただしスカートを履く際には、季節を問わずに肌色になじむストッキングを履きましょう。パンツスーツで参加する場合、デザインにもよりますが黒のベルトが無難です。

合同説明会に「私服」で参加する時のポイント

服装自由は何を着てもいいの?

「服装自由」とはいえ私服で参加する時は、フォーマルな「オフィスカジュアル」で参加するのがおすすめです。具体的には、男性の場合は、「ジャケット+襟付きシャツ+チノパン+革靴」。女性の場合は、「ジャケットorカーディガン+パンツ+革素材のパンプス」がおすすめです。露出度の高い服装や柄物、パーカーなどカジュアルな服装は合同説明会には着ていかないようにしましょう。合同説明会というTPOを意識した、清潔感のある服装を心がけていれば、周囲から浮くような服装にはならないはずです。

「私服でお越しください」「指示がない」場合の注意点

「私服でお越しください」は本当に私服でいいの?

「私服でおこしください」のような指示がある場合は、「私服」で参加するのがおすすめです。わざわざ主催者が服装を指定している場合は、何らかの意図があると考えられます。例えば、「グループワークを行うため動きやすい服装で来て欲しい」という意図や「就活生にリラックスして欲しい」といった意図などです。

服装について何も書かれていない時は?

服装について特に指示がない場合はスーツでいくのが基本です。「指示がない・禁止されていない」=「服装自由」というわけではないので注意しましょう。

合同説明会に持っていくカバンは何がいい?

合同説明会のカバンはいつも使っているものでいい?

合同説明会にスーツで参加する場合は、「就活用のバッグ」を持っていきましょう。自立しないタイプのものや、ブランドバッグなどは不向きです。企業のパンフレットや資料をもらうため、A4サイズのファイルが入る大きさのカバンがおすすめです。

私服参加の時のカバンは?

私服で参加する場合は、一般的な「ビジネスバッグ」の中から、形や色、素材を選ぶことをおすすめします。ビジネスバッグは就活用のバッグに比べて、黒以外にも紺、茶、濃いグレーなど、カラーバリエーションも豊富です。また、形もブリーフケース、トートバッグ、リュックやショルダー、手持ちにもなる3WAYタイプのカバンなど、種類も豊富でスタイリッシュなものもあります。もし私服参加の合説に行く場合は、プライベートでもビジネスでも使用できるカバンを選ぶと良いかもしれません。

合同説明会の服装はビジネスシーンに適した服装を心がけると良い

合同説明会に着ていく服装を選ぶ時は、「ビジネスシーン」を意識すると良いでしょう。選考の場ではないものの、合同説明会には企業の採用担当者が参加していることがあるため、もしもその企業を受験した場合、あなたのことが印象に残っている場合は、合同説明会での印象が第一印象となります。会場では未来の面接官と会うと思って、スーツでも私服でもビジネスシーンに適した格好を心がけましょう。