ゲーム会社への就職|ゲーム業界での代表的な職種やキャリア大研究

ゲーム業界の仕事内容や職種、業界研究に役立つ情報をご紹介。代表的な職種として、プランナー、デザイナー、プログラマーがあります。

3つの基本職種を軸に ゲーム会社でのキャリアアッププランを考える

ゲーム業界の企業は、ハードを製造・販売する「ハードウェアメーカー」と、ソフトを制作・販売する「ソフトウェアメーカー」の大きくふたつに分けられます。ソフトウェアメーカーの中には、ゲームの販売を行う「パブリッシャー(発売元)」と、ゲームの企画・開発のみを行う「ディベロッパー(開発元)」があり、パブリッシャー兼ディベロッパーとして企画から開発、販売までの全工程を一貫して手掛ける企業も少なくありません。

そんなゲーム業界のもっとも中心的な職種が、「プランナー」「デザイナー」「プログラマー」の3職種です。プランナーは、ゲームの企画書や仕様書の作成、シナリオの考案、制作スタッフの状況や進行を管理する仕事。多くが、プロジェクト全体に関わる重要な役割を任されます。デザイナーは、ゲームに欠かせないビジュアルを制作する仕事。CGを駆使して、キャラクター、背景、モーション、ムービー、パッケージなどのデザインも手掛けます。プログラマーは、ゲームの映像や音声、モーションなどを、プログラミング言語を使って設計します。もちろん、この3職種以外にも多くの仕事があります。

ゲーム会社のキャリアアッププラン

ゲーム会社の開発職は、主にデザイナー職、プランナー職、プログラマー職の3種類があります。デザイナー系のキャリアとしては、アート設定、UI/UX、キャラクターデザイン、キャラクターモデリング、背景デザイン、モーション、カメラ、リギング、エフェクト、等の役割があり、会社やプロジェクトによって、細分化されていたり、兼任していたり、必要に応じて人員配置のバランスには差があります。そういった組織の中で必要に応じてチームリーダーとなり、デザインチームのマネージャーとなります。専門職としてスペシャリストになる方もいます。プランナー系では、シナリオ、レベルデザイン、キャラクター設定、進行管理などの役割があります。ゲームプランナーから、ディレクターになる場合が多いですが、他の職種からなる方もいます。ゲームプログラマーは、ゲームシステム、効果音やサウンド、UI等の各パート、開発支援ツール、サーバーサイド、インフラ、AI、CGツール開発などの役割があります。

また、ゲームプランナーは和製英語なので、ゲームの設計(デザイン)を行うという意味で英語のゲームデザイナー(game designer)という呼び方が最近では増えています。その場合、CGやグラフィック等のデザイナーは、英語の表現のアーティスト(artist)と呼ばれます。ほかに、サウンドクリエイター、サウンドエンジニア、翻訳、ローカライズ、カルチャライズ、品質管理等様々な仕事があります。

ゲーム会社のしくみとワークフロー

ゲーム会社を大きく2つに分けると家庭用ゲーム機を発売しているハードメーカー、ゲームソフトの開発を中心とするソフトウェアメーカーがあります。ソフトウェアメーカーも大きくソフトを販売するパブリッシャーと開発するディベロッパーに分かれます。

ゲーム開発のワークフロー

ゲーム開発は、試作段階のα(アルファ)版、製品に近いβ(ベータ)版、最終段階のファイナル版の3段階に分けて開発するケースが一般的です。

同じカテゴリーの記事