株式会社ティー・ワイ・オー(TYOグループ)

株式会社ティー・ワイ・オー(TYOグループ)の求人・就職情報メイン写真
お知らせ
こんにちは、TYOグループ採用担当です。

今年度の募集は終了いたしました。
たくさんのご応募誠にありがとうございました。


企業紹介

2601c9c6b5b8aef3270cb8037aa3fbcb

TYOは〈広告会社機能〉と〈制作プロダクション機能〉を併せ持つ、クリエイティブ・エージェンシーです。

株式会社ティー・ワイ・オーはクライアントが持つコミュニケーション上の課題やブランドの発展などに、クリエイティブの視点で総合的な提案を行う制作機能を備えた『クリエイティブ・エージェンシー』です。
提案領域は商品・広告宣伝・ブランディングなど幅広くクライアントにとって最適な体制と企画を提案し、各種制作を含めたプロジェクトの実行までを一連的に行っています。

http://group.tyo.jp/

中長期的な経営戦略

<2018年売上高500億円規模の企業体を目指します>
TYOはクリエイティブ・エージェンシーとしてメディア取引を除いたあらゆる広告クリエイティブ領域への事業展開を推進していきます。

1.広告代理店経由モデル
TYOを含めた大手制作会社による寡占化の傾向を背景に、人員の拡充や営業窓口の拡大による「面の拡大」を中心に行い、併せて、代理店のクリエイティブ機能の補完や営業先の拡大に、さらには外部流出コストの低減により利益確保を実現していきます。

2.広告主直接モデル
人員の拡充や窓口の拡大による営業力の強化、ブランディング及びマーケティング等の機能の充実を図り、新規広告主の獲得及び既存広告主案件の拡大を図り、広大な市場の獲得を目指します。

3.海外事業
東南アジア・南アジア・中近東において、クリエイティブ・エージェンシーとして日系企業の海外での広告活動をサポートしていきます。

ここに注目

  • 学部学科不問(人物重視)
  • 服装自由(選考も服装自由)
  • 人材育成に力を入れている

企業データ

会社名 株式会社ティー・ワイ・オー(TYOグループ)
代表者 早川 和良
設立日 1982年4月2日
資本金 18億5,000万円(2016年7月末時点)
売上高 単体227億円(2016年7月期)
従業員数 単体489人(2016年7月末時点)
平均年齢 33.6歳
関連企業 15社(2016年7月末時点)
業種 広告・出版・印刷
事業内容 ■TV-CM制作・WEB広告映像制作
■インターネットプロモーションの企画制作
■CG・映画・TV番組・DVDなどのデジタルコンテンツ企画
■イベント空間のプロデュース
■アニメーション制作、キャラクターの企画制作
■ポストプロダクション、MA
■グループ各社の経営管理
主要取引先 広告主直接:
不動産、小売業、食品、自動車、情報通信、製造業など
様々な業界の大手企業を中心とした約100社

広告代理店:
(株)電通 / (株)博報堂 / (株)アサツー ディ・ケイ /
ジェイ・ウォルター・トンプソン・ジャパン(株) / (株)マッキャンエリクソン / (株)I&S BBDO 他
主な実績 作品実績はこちらからご確認ください。
http://group.tyo.jp/works/
採用実績 2012年度 28名 (男15名、女13名)
2013年度 53名 (男27名、女26名)
2014年度 40名 (男24名、女16名)
2015年度 55名 (男28名、女27名)
2016年度 49名 (男22名、女27名)
採用実績校 青山学院大学、大阪芸術大学、金沢大学、関西学院大学、関西大学、神田外語大学、九州大学、京都造形芸術大学、京都外国語大学、国士舘大学、駒澤大学、首都大学東京、上智大学、女子美術大学、西南学院大学、専修大学、相愛大学、大東文化大学、玉川大学、多摩美術大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、東海大学、東京藝術大学、東京工科大学、東京工芸大学、東京国際大学、東京都市大学、東北芸術工科大学、東洋大学、富山大学、日本大学、日本女子大学、日本体育大学、文教大学、法政大学、武蔵大学、武蔵野美術大学、明治大学、明治学院大学、横浜国立大学、立教大学、立命館大学、流通経済大学、早稲田大学、東放学園、UTB映像アカデミー、専門学校HAL、日本写真映像専門学校、コミュニケーションアート専門学校、ビジュアルアーツ専門学校
所在地 〒141-0021
東京都東京都品川区上大崎2-21-7
URL http://group.tyo.jp/
地図
TYOの由来 当社は、1982年に5人のCMクリエイターによって設立されました。社名は、航空会社の業界団体が‘東京’を表すために用いる都市コード「TYO」を由来としています。
採用方法 昨今のメディアの大きな変化は、「30秒-15秒のTVのみのコマーシャルからもっと広い意味での動画広告」への発展を私たちに求めています。
これからの動画広告の制作は、より少人数で、より適正な価格に、クリエイティブなアタマと先端技術を活用して、コスト・パフォーマンスの高い結果を出さなければなりません。

今後は、予算もスケジュールも理解しているプランナーや、CMはもちろんデジタルやイベントも仕切れるプロデューサーなど、メディアや職種に捉われないハイブリッドな人材が必要とされてきます。

このような人材を育成していくために、企画演出・制作などの職種の垣根をなくし、CMだけでなくWEBもイベントも含めた「広告コンテンツをつくる人」として採用を行っていきます。

本年度は、「広告コンテンツをつくる人」に加え、「ビジネスを生みだす人」「専門分野に特化した人」の3つのカテゴリに分けて採用をします。
人事担当者より 当社の選考は人物重視です。 自分の考えを自分の言葉で正直にお話できる方と一緒に働きたいと考えております。
面接官にどう「伝える」か。どう「伝わる」か。
相手に伝わって、初めてコミュニケーションが成り立ちます。
緊張していても構いません。
不器用でも構いません。
話が下手でも構いません。
憶えてきたことを話す方よりも、自分の想いを乗せて自分の言葉で正直に話した方が相手には必ず伝わります。
この企業をお気に入りに登録する

会員ログイン

未登録の方

登録すると就活に役立つ情報をお届けします。
会員登録(無料)